旧・すべてが蒼に染まるまで  ―― 初心者チェル好きー成長記
hinakiuk.exblog.jp

ランパードを愛するチェルシーサポーター(在ロンドン)がチェルシーFCを力いっぱいえこひいき。プレミアリーグも含め、ミーハーな話題満載でお届けします。

東ロンドンから西ロンドンのチェルシーを応援するすちゃらか会社員(♀)。特にひいきしてるのはランパード、ジョン・テリー、ジョー・コール、ダフ、ジェラード、なぜかロビー・キーン。ヒナキと呼んでね。
by hinakiuk
【README】
 このブログをお読みになる前に、必ず一度はREADMEに目を通してくださいませ。
 トラックバックスパム対応のため、当方へのリンクのないトラックバックは受け付けない設定にしております。

【プロフィール】

ロンドン在住、♀
職業物書き
趣味は歌うこと、読むこと、カラオケ、蹴球ミーハー話
書くのが仕事なので、間違った文章や送り仮名、「ぁぃぅぇぉ」などの変なギャル文字、やたら「☆」をちりばめるのとかそういうのは苦手です。

詳しくはこちら


【よく使う用語集】

こちらをどうぞ。長いよ。


【チェルシー 2月のお仕事】

1(水) Aston Villa Away 19:45 ★現地観戦
5(日) Liverpool Home 16:00 SkySports1 ★現地観戦
8(水) Everton (FA cup) 19:45
11(土) Middlesbrough Away 15:00
18(日) Colchester United (FA cup) Home 16:00 SkySports1
22(水) Barcelona(CL) Home 19:45 SkySports1
25(土) Portsmouth Home 15:00



【チェルシーサポさまブログ】

Ataasha in London
blogreso
Chelsea Japan編集後記
CHELSEA F.C. Unofficial Fan Site (ブログはこちら
doroguba
海外サッカー感想球
がそりんの揺れかた
夢見つつ深く植えよ
Come on the Chels!
青赤黒は眠らない


【リバプールサポさまブログ】

かめの洞窟日記
Singing voice of moonlight night
DADAいずむ
B.J Diary ならぬ B.P Diary
ぶりぶり方丈記
リバプログ

【そのほかブログ】

アストンヴィラおのプレミア観戦記と雑学の杜(ヴィラサポ様)
ATHELETIC POINT(アシエル君を預からせていただいてる、アスレティック・ビルバオのサポ様)
不屈の青(バーミンガムサポ様)
JACQUNITEDIARY(マンUサポ様)
usscspcl
ポルトガルサッカーのすすめ
Red'n'White Army(Sunderlandサポ様)
ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私 (ACミラン、新城、シュツットガルトサポ様)


【資料系リンク】

Chelsea Japan
ニュースを提供させていただいています。
Chelsea.com
いわずと知れた公式サイト。
Premier League
FA
uefa.com
資料価値高し。何より日本語で読めるし。
Simple Soccer
BBC sport football
元ネタは大体ここから。
my football news
Chelsea FC blog
英国のファンブログ。いろんな噂が載ってるのが楽しい。
まとめ検索
人気blogランキング


検索
最新のトラックバック
イケメン選手ランキング
from ☆MAYUMI_BLOG☆
フランク・ランパード
from アイドル芸能Shop
[ふっとぼーる]チェルシ..
from 栄光の赤の時代を再び
チェルシー完敗・・・、そ..
from 格闘技&ゲーム&サッカー(ヴ..
[football]余裕..
from B.J Diary ならぬ ..
[スポーツ話] Wiga..
from ぶりぶり方丈記 - あん肝だ..
vエバートン(FA)
from I think I can
ラインズマン大活躍
from 編集後記
[スポーツ話] ついにS..
from ぶりぶり方丈記 - ダイエッ..
[football]Ch..
from B.J Diary ならぬ ..
以前の記事
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 07月
2004年 06月
2001年 01月
カテゴリ
全体
プレイリポート
チェルシーニュース
モウリーニョ語録
プレミアニュース
リバプール
プレミアプレイレポ
代表戦
その他プレイリポート
その他ニュース
雑談
EURO2004
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
ぽっとの陽だまり研究室
NO MUSIC,NO ...
FOOTY! in イン...
R's memorandum
「 夢見つつ 深く植え...
青赤黒は眠らない
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:チェルシーニュース( 304 )
テリー「単なる嫉妬だろ」
Terry: Our rivals are just jealous
 Sunのインタですが、オンラインには全文載ってないので、新聞見て訳しました。
 俺たちはリーグでもFAカップでもCLでもいい位置につけてる。ここ5,6年で見れば、こんなに好調だったチームはほかにないだろう。
 でも、チェルシーが今15ポイントの差をつけて首位にいることよりも、プレイ以外の瑣末な事件のほうに注目が集まっているような気がする。そんなの、俺たちが出した結果に比べれば小さなことだよ。
 俺たちは頑張ってる。試合に集中してるし、ピッチでも外でも仲良くやっている。監督がズバズバとモノを言ってるのは、俺たち選手からプレッシャーを取り除くためだってことも分かってる。そこも、監督のすごいところのひとつなんだ。同時に、監督は俺たちが、受けるにふさわしい分の賞賛を浴びることを望んでいる。

 毎試合、「絶対勝てる」と信じてプレイしてるし、良いフットボールをやればおのずと結果はついてくるとわかっている。自分たちを信じて頑張ること…それは「傲慢」じゃなくて「自信」というもんじゃないのかい?
 それはこの間のえばとん戦でも同じだった。まあ、俺のゴールは想定外だったかもしれないけどね!(笑) あの時は、(フートのFKが壁に当たって跳ね返ってきたボールを)ディフェンスがクリアしようと向かって来たから、蹴るまでにはもう考える暇なんかなかった、だからただ無我夢中で蹴ったんだ。完璧だったでしょ。
 また自分で点を入れられたのは嬉しい。それに、ああいうゴールが入ったというのは信じられないくらいだよ。嬉しくて一日中でも駆け回りたいくらいだった。

 次はコルチェスターだけど、何人か選手に知ってるのがいるし、何試合かは見たこともある。向こうも、俺たちと同じくらい自信を持ってる。バルセロナと同じくらいにね。
 そうそう、結局うらやましいだけなんですよ。妬んでるんです、そねんでるんです。世の中で一番愚かしい行為だと思いますよ。

 しかしテリー君、あのボレーシュートはまさに完璧でした。嬉しそうな笑顔でした。


「こんなリバプールなら、少なくともプレミアで2位は確実だ!」

 vamoさんの上のエントリを見て、私も「こんなチェルシーならバルサに楽勝」を考えようと思ったのですが、「これならバルサに楽勝するけどチェルシーがつまんなくなる」とも言えると思ったので、考えるのを止めました。

・ボールを持ちすぎないロッベン
・跳ぶ時手を上げないのでPK取られないフート
・決して抜かれないジョンソン
・オウンゴール入れないジェレミ
・ミスした後でもうろたえずミスフィードもしないチェフ
・ロンドンが大好きで仕方ないクレスポ
・宇宙開発しないエシアン
・低姿勢なエシアン
・怪我しないダフ
・寝坊しないダフ
・喧嘩に強いジョー
・モウさんに怒られないジョー
・奥さんが美人でセンスのいいランパード

 ほれ、つまんないでしょ。
 持ちすぎてこそのロッベン、ミスしてこそのフートとジョンソンだから…(でも最低限にしてー!)

 しかし、意外と考え付かないもんだなあ。今のままじゃバルサに楽勝は難しいですが、それでも今のあるがままのチェルシーを結構愛してるんだなと思いました。
 このままでいいよ。バルサに負けてもいい。特にカップ戦では、勝負は時の運。とにかくプレミア優勝、それだけで私は満足です。1冠でもええやないか。バルサ戦は、頑張っていつものプレイを見せてくれればそれでいい、「廊下に立ってろ」とまた叫ぶような試合でなければそれでいいです。今年のモットーは「謙虚」。
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-10 15:04 | チェルシーニュース
カーロ兄貴、契約延長を喜ぶ
■クディチーニ「モウリーニョの信頼に応えたい」
 99年からここにいるけど、せっかくチームが成功をおさめているのにどうしてよそへ行かなきゃいけないんだい? 俺はレギュラーでプレイしている時もそうでない時もずっとこのクラブの一員だったし、ここにとどまってチームメイトを助けることが正しい決断だと思うんだ。
 「よそのチームでだってプレイできるのに」ってみんな言うけど、チェルシーは俺にとっていろんなものをくれたチームだ。だから恩返しがしたい。

 前季はほとんど試合に出られなかった。だから、クラブは「まだ契約は2008年まで残ってるし、急いで何かしなくてももう少し様子を見ればいいや」と思うことだってできた。だけどクラブはそうせずに、すぐに契約の延長を申し出てくれた。クラブが俺を信頼してくれていることの証拠だと思うんだ。だから、契約を延長できてすごく嬉しかったよ。
 クラブでとても大切にされているのを感じるし、監督も俺をすごく尊敬してくれている。だから、俺はいつも一生懸命練習する。そして、監督が俺を必要とするときにはいつも、万全のコンディションになっているように頑張っているんだ
(Sky Sports: Cudicini repays Jose's faith
 おーい、ジェームズ! よーーっく聞け((c)摩邪風)


■チェルシー一のアイドルと言えば

 勿論文句なく、(ドスを効かせて)「フーーーーース!!」ことロベルト・フートですが、昨日は結構見れる試合でした。クリンスマンも満足だったのでは?
 ロベルト・フートは…(編集後記)さんがおもしろい考察をなさってます。
 去年のドイツ対オランダの友好試合でロッベンとユニ交換している写真がありますが、そうそう、この夜ちょうどアムステルダムにいたんですよ出張で。この日のロッベンはキレキレだったそうです。
 夕食を食べにレストランに行こうと路面電車を待ってたんですが、なっかなか来ないんです。同僚が言いました。「こりゃ絶対、サッカー見てるな…」(汗)


■トリビア「イギリスのプレミアリーグで敵のシュートを防ごうとスライディングして、ポストに股間をぶつけた選手がいる」

 もう一発、編集後記さんより。
 トリビアでプレミア
 私は女なので「考えただけでも恐ろしい」というのが理解できませんけど(笑)
 この股間をぶつけたリバポのフィル・バブ(Phil Babb)選手ですが、アイリッシュで黒人選手、スポルティング・リスボンでも活躍したというちょっと変り種みたいです。

 それにしても、トリビアで当時今よりキラキラだったらんらんのゴールが放送されたとは……み、見たかった。待てよ、これで日本中のお茶の間でらんらんの人気が沸騰し、腐女子がいっせいにらんらんのとりこになってますます私の手の届かないところに行ってしまったら……そしてベッカムみたいにギャアギャア言われてある意味貶められてしまったら、どーーしよーーー!?!?


■こんなチェルシーは嫌だ!

 たまには2ちゃんを覗いてみました。

More
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-09 21:43 | チェルシーニュース
テリー君、ベニテスにチクリ
Jose: Stop gobbin' Robben
 ベニテスはリバポ戦後に「ロッベンの具合を見に病院へ行く」と言ってたくせに行かなかったじゃないか。
 彼はman of his word(約束を守る男)だと思っていたのに。
 モウさんかと思ったらこれテリー君の台詞でした。途中で主語が変わっていました。
(シャレで言ってると思いますので、リバポサポさん気を悪くしないでください)

 えばとん戦後のスティーブ・クラークのコメントはChelsea Japanさんを参照のこと(手抜き)。
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-09 18:16 | チェルシーニュース
えばとん戦後のリアクション
■大復活、ショーン
 自分のプレイをビデオで見直し続けたんだ。難しい仕事だったけど、自信が戻りつつあるよ。
 俺にできることは、チェルシーのために頑張り続けることだ。昨晩はここに来てから最高のプレイができたと思う。けど、できたらもっとこのプレイを続けたい。(コンスタントに出られないこと)はつらかったけど、予想していたことではあったんだ。試合に出るために、俺はもっと成長しないといけないし、練習でももっと努力しなきゃいけない。
(Evening Standard: Shaun turns to self-help videos)
 けなげな努力の人だ…
 昨日はマジで、すごかったです。私の目には絶好調ロッベンよりすごく見えました。久々に出た人とは思えないプレイ。
 チェルシーの選手は、たまに出てキッチリ印象を残していく選手ばかりですよねえ。幸せなことだ。


FA杯4回戦「チェルシー対エバートン」再戦! クレスポ&SWPが今期最高の出来!? (doroguba)

 出来のいい試合の後でドログバさんのコラムを読むと、「一粒で二度美味しい」です。

> この日の日本の番組での解説&実況されていた御2方は、フートがFKを蹴ったことに驚いていらっしゃいましたが、フートのFKは別に珍しくもないような

 確かに。ほんとは上手いらしいんですけど、あのカーリングカップのPK合戦がアレだったせいで、大丈夫かいなという心配はありましたが。


■さっそくFAカップ

 次のコルチェスター戦のチケットが発売になったのでさっそく購入しました。25ポンドで安いんだもん。それに、なんか自分が行かないと勝てない気がして…(笑) <-この間のえばとん戦アウェーで懲りたらしい
 今度は1試合でけりをつける!


今季中は芝を張り替えません

 22日のバルサ戦までにやる予定はないそうです。なんでも、1シーズンに2回も張替えをすると、長期的にグラウンドが傷むのだそうです。張り替えても、落ち着くまでに2週間かかるそうで、きつきつのスケジュールではそれも無理だとのこと。
 芝の状態は、どちらのチームにも等しく影響することを忘れないでください。それに、チェルシーのフットボールに悪影響を与えているわけではありません。
(チェルシー広報)
 確かに負けてないもんね。


 ジェレミ帰ってきて、一方のどろさんですが。

Drogba: I'm better than Eto'o(ITV news)
 俺様はアフリカ一の選手だと信じてる。それを明日証明してやるよ。江藤なんかよりも上さ。江藤は自分をアピールするのが上手いだけ、それだけの違いだよ。
 ネーションズカップで絶対優勝したい。トップスコアラーにもなりたいから、明日は俺様自ら点入れて勝つから見ててくれよ。
 とか言いながらどろんぱさん、江藤とは仲いいんですよね。とにかく、怪我をしない限りどんなことでも許すから。勝って帰っておいで。
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-09 12:38 | チェルシーニュース
「心温まるジェラード」訂正
 わたくし目も耳も悪いのか、このニュースの意味を著しく取り違えていました。訂正してもう一度お伝えしたいと思います。

The Sun: マスコットの少年(5歳)、ジェラードを馬鹿にする
 リバプールのスター、スティーブン・ジェラードはテレビの前で5歳のマスコットに馬鹿にされ、彼の着ているシャツよりも真っ赤になってしまった。
 チェルシーファンのジェイク・ニックレス君はスタンフォード・ブリッジのトンネル内、ジョン・テリーの後ろでジェラードに手を差し出すのを待っていた。
 しかし、ジェラードが立ち止まった時、ジェイクは鼻に親指を当てて馬鹿にする仕草をした。
 係員は腹を抱えて笑いそうになったが、ジェラードは勿論嬉しそうではなかった。この一連のいたずらは、ジェイク君の父親が事前に彼に教え込み、「ジェラードが来たぞ!」と叫んだのを合図にやらせるように仕組んでいたとみられている
 ジェラードのこの日は、チェルシーに2-0で負けたことでさらに悲しいものになった。 ←あえて小さいフォントで
 そうか、やはり影であやつってた人(=父親)がいたのか。だってこんなこと自分で考え付く5歳児はヤだよ。
 レジェスやらピレスやらほなうじーにょにやるんならいいけどさ。←要するに、ジェラードがかわいい。ジェラードにあんなことしたガキは、ジェラードを愛する者としてはいくらチェルサポでも気に食わない。

Daily Star: NOSE SCORE DRAW
 ジェイク君はトンネル内でジェラードと握手をしたいかのように手を出した。だが、握手に応じようとしたジェラードはその瞬間わが目を疑った。ジェイク君が手を引っ込め鼻のところでひらひらさせたからである。
 しかし、ジェラードはそれを快く受け止め、笑いながら、ジェイク君の頬を軽く叩いたのだった。

[PR]
by hinakiuk | 2006-02-08 12:03 | チェルシーニュース
ジョーに馴れ馴れしくされた線審の正体 2
 日曜日のリバポ戦で、ジョーに肩を抱かれ(?)、一部で「あれは女性だったから馴れ馴れしかったんだろう」との誤解があった、あの中性的なプレミア最年少審判のギャビン・ウォードさん。すっかり注目を浴びたらしく、スカイスポーツでインタビューが放送されました。あはは。やっぱりえげれす人も気になったか。

 写真はラインズマン大活躍(編集後記)で見てください。

・氏名:Gavin Ward(れっきとした男性です!)
・ステータス:アシスタント・レフェリー
・年齢:27歳
・本職:保険会社の会社員
・13歳の頃から審判を始める
・きっかけは、継父が審判だったので小さい頃からその仕事を見ていたから。
・一時はフットボール選手になろうと練習していたが、友達との力の違いを感じて「戦略を変え」て審判を目指すようになったそうです。
・今年からプレミアシップの審判を勤めるように。プレミアの審判で最年少
・デビュー以来、新聞に載った時の切抜きを大切にとってあって、スクラップブックを見せていました。
・HT終わって彼がピッチに出ると、主審たちが親指を立てて「グッジョブ!」ってやってくれたらしい。彼が内心緊張していたのが分かったんでしょうね。
・例のクレスポのオフサイドについては、試合後クレスポが肩を叩いてくれたからほっとしたとか。(優しい、エルナン。でもあれはオンサイド)
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-08 11:44 | チェルシーニュース
どろんぱさん絶好調
Drogba goal sinks Nigeria

 どろんぱさん自ら決めまして、決勝勝ち上がり。
 おめでとう、おめでとう、どろさん。
 かっこいいよ!!!!

 でも早く帰ってきて欲しい私達の気持ちは(汗)

 友「いーじゃねーかよ、好調・クレスポいるんだから」
 分かってる。でもどろさんにも帰ってきて欲しいの。
 怪我したら許さんからねどろさん。

 ちなみにもうひとつの準決勝は、エジプト対セネガル。セネガルはディウプとアンリ・カマラくらいしか知らんな。FWに「カマラ」さんが3人もいるじゃんか。対するエジプトはミド出てるよね?
 こうなったらコートジボワール対エジプトで、どろんぱゴールで優勝だ!
 でも怪我は許さん。


続報
 エジプト対セネガルテキスト 観戦中
 17分、Ahmed Hossamゴーーーーール! って誰やねーん! と思ったらミドだった。 わーい。つーか早くスパーズに帰っておいで。ロビーが待ってるから。あのね、ヨルがえらいデフォー褒めててお気に入りで「代表にもどうか?」とまで言ってて、ロビーが拗ねてるの。だからミド帰ってきてロビーと2トップで、「俺たちがファースト・チョイスだー!」ってやって欲しいの。
(結局ロビーがかわいいらしい>私)
 結局Egypt 2-1 Senegalで、決勝戦は10日(金)、コートジボワール対エジプトということになりました。そういえばエジプトはホーム開催だったんじゃん。勝って、そして元気で帰って来い、どろんぱさん!


■ジョー・コール「大事なのは、負けないこと」

 最高のプレイができない時期というのは毎年訪れるもんだよ。それでも、負けないことが大切なんだ。他のチームに付け入る隙を与えないことさ。

 あと何試合残ってるか知らないけど(あんたそれくらい数えておきなさい。13試合です)、残りを全部勝ちたいね。毎回勝つことで、1日ごとにトレブル(3冠)に近くなるんだ。地に足をしっかりつけてなきゃいけない。
 試合をしていけばいくほど、楽しみは大きくなる。ビッグゲームも近くなる。クリスマスみたいなものだね。3年続けてCLの最後のほうまで残ってるし。
 リバポ戦では、いくつか良い調整をすることができた。まずはエシアンが帰ってきて、良いプレーをしてくれた。いまや彼は大事な存在だからね。今芝の状態が難しいこともあるし、いいプレーだったと思う。
(The Guardian: Liverpool game was like a war, says Cole
 そうそう、エシアンといえば、フランスつながりでウリエ時代にメルウッド(リバポのトレーニング場)に行ったことがあるとマッチデー・プログラムに書いてありました。でもリバポに行かなかったのは、当時はまだワークパーミットを取るのが難しかったからだそうです。


めりけん人にロック・オン

 USのDC UnitedのFreddy Adu選手(16)を狙ってるそうです。でも、漫遊も狙ってるみたいで…ミケル君といい、かち合いますなあ。
 DC Unitedといえば、春のUS遠征で闘ったチームではあーりませんか。
 漫遊はやっぱり「U.S.A.!!!」つながりで、グレイザーからめりけん人の補強を至上命令にされてるんだろうか… ご愁傷様です。でも、そうなると、グレイザーは特例として財布の紐を緩めるかもしれんな。うーん、侮れんぞ。

 余談だけど、4月末くらいにNY旅行を計画中。同じ東海岸だし、WDC近いじゃん。フットボール見れないかな。無理だろな。
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-08 00:47 | チェルシーニュース
ロッベン、反論す
 ええと、リバポサポは見ないほうがいいと思われます
 きっと頭にくると思うので。
 警告しましたので、これに対する怒りのコメントとかは削除させていただきます。

More
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-07 11:11 | チェルシーニュース
ジョー・コール、芝について語る
 月曜日に100周年記念DVD発売イベントが行われたらしいのですが、その会場でジョーがインタビューを受けてました。一応なんとなくスーツ着てましたよ。
 --スタンフォード・ブリッジの芝はどんな状態ですか?

 最近よく写真なんかで報道されてるみたいだけどあのとおりだよ。確かに「次はパスをどこへ出そうか」というだけじゃなくて、もっと集中力が必要になるね。昨日(リバポ戦のこと)もまるで戦争みたいだったしね。

 --バルセロナが来るわけですけど、ホナウジーニョはこの芝を気に入らないんじゃないでしょうか?

 それはわからない。ホナウジーニョは気にしないんじゃないかな、だって彼はコパカパーナ・ビーチでフットボールをやってたわけでしょ(笑)
 ジョー! うまい切り返しだ!!!
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-07 08:04 | チェルシーニュース
Happiness consists in contentment. (幸せは満足することにある)
ギャラス「とってもハッピー」
 ボールがネットに入ったのを見た瞬間、嬉しくて頭がぶっ飛んじゃったよ。友達にも「あんなにエキサイトしてるお前は見たことない」って言われたし(笑)
 今すごく楽しんでるんだ。監督が俺をピッチに出してくれならどこだってかまわない、どこだってものすごく嬉しいんだ。右でも左でもね。
 去年の11月、確かに俺は大声でわめいたよ。だけどもうあれは終わった。今はポジティブになろうとしてるんだ。

 俺のすばらしい才能は、守備ならどこでだってできるということ。だから、そのユーティリティー性を発揮しようじゃないかってね。
 チェルシーでもフランス代表でも、守備ならどこでもできるというのは俺だけだと思うよ(※そのとーり!!)。そこを監督は買ってくれてるんだ(※ほんとにそのとーり!!)。だから、今俺はワンダフルな時間をすごしてる。決めたんだ、今を感謝してすごそうって。
 ウィリアム~~~~~~!!!
 スタンフォード・ブリッジに響き渡るウィリアム・ギャラスコールを聞いてくれたのね。チェルサポみんなが君を愛してるし必要としてるんだよー!


■ダフの怪我の状態

 最高2週間の怪我。FAカップえばとん戦は無理ですが、CLバルサミコ戦には間に合いそうとのことです。
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-06 23:02 | チェルシーニュース