旧・すべてが蒼に染まるまで  ―― 初心者チェル好きー成長記
hinakiuk.exblog.jp

ランパードを愛するチェルシーサポーター(在ロンドン)がチェルシーFCを力いっぱいえこひいき。プレミアリーグも含め、ミーハーな話題満載でお届けします。

東ロンドンから西ロンドンのチェルシーを応援するすちゃらか会社員(♀)。特にひいきしてるのはランパード、ジョン・テリー、ジョー・コール、ダフ、ジェラード、なぜかロビー・キーン。ヒナキと呼んでね。
by hinakiuk
【README】
 このブログをお読みになる前に、必ず一度はREADMEに目を通してくださいませ。
 トラックバックスパム対応のため、当方へのリンクのないトラックバックは受け付けない設定にしております。

【プロフィール】

ロンドン在住、♀
職業物書き
趣味は歌うこと、読むこと、カラオケ、蹴球ミーハー話
書くのが仕事なので、間違った文章や送り仮名、「ぁぃぅぇぉ」などの変なギャル文字、やたら「☆」をちりばめるのとかそういうのは苦手です。

詳しくはこちら


【よく使う用語集】

こちらをどうぞ。長いよ。


【チェルシー 2月のお仕事】

1(水) Aston Villa Away 19:45 ★現地観戦
5(日) Liverpool Home 16:00 SkySports1 ★現地観戦
8(水) Everton (FA cup) 19:45
11(土) Middlesbrough Away 15:00
18(日) Colchester United (FA cup) Home 16:00 SkySports1
22(水) Barcelona(CL) Home 19:45 SkySports1
25(土) Portsmouth Home 15:00



【チェルシーサポさまブログ】

Ataasha in London
blogreso
Chelsea Japan編集後記
CHELSEA F.C. Unofficial Fan Site (ブログはこちら
doroguba
海外サッカー感想球
がそりんの揺れかた
夢見つつ深く植えよ
Come on the Chels!
青赤黒は眠らない


【リバプールサポさまブログ】

かめの洞窟日記
Singing voice of moonlight night
DADAいずむ
B.J Diary ならぬ B.P Diary
ぶりぶり方丈記
リバプログ

【そのほかブログ】

アストンヴィラおのプレミア観戦記と雑学の杜(ヴィラサポ様)
ATHELETIC POINT(アシエル君を預からせていただいてる、アスレティック・ビルバオのサポ様)
不屈の青(バーミンガムサポ様)
JACQUNITEDIARY(マンUサポ様)
usscspcl
ポルトガルサッカーのすすめ
Red'n'White Army(Sunderlandサポ様)
ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私 (ACミラン、新城、シュツットガルトサポ様)


【資料系リンク】

Chelsea Japan
ニュースを提供させていただいています。
Chelsea.com
いわずと知れた公式サイト。
Premier League
FA
uefa.com
資料価値高し。何より日本語で読めるし。
Simple Soccer
BBC sport football
元ネタは大体ここから。
my football news
Chelsea FC blog
英国のファンブログ。いろんな噂が載ってるのが楽しい。
まとめ検索
人気blogランキング


検索
最新のトラックバック
イケメン選手ランキング
from ☆MAYUMI_BLOG☆
フランク・ランパード
from アイドル芸能Shop
[ふっとぼーる]チェルシ..
from 栄光の赤の時代を再び
チェルシー完敗・・・、そ..
from 格闘技&ゲーム&サッカー(ヴ..
[football]余裕..
from B.J Diary ならぬ ..
[スポーツ話] Wiga..
from ぶりぶり方丈記 - あん肝だ..
vエバートン(FA)
from I think I can
ラインズマン大活躍
from 編集後記
[スポーツ話] ついにS..
from ぶりぶり方丈記 - ダイエッ..
[football]Ch..
from B.J Diary ならぬ ..
以前の記事
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 07月
2004年 06月
2001年 01月
カテゴリ
全体
プレイリポート
チェルシーニュース
モウリーニョ語録
プレミアニュース
リバプール
プレミアプレイレポ
代表戦
その他プレイリポート
その他ニュース
雑談
EURO2004
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
ぽっとの陽だまり研究室
NO MUSIC,NO ...
FOOTY! in イン...
R's memorandum
「 夢見つつ 深く植え...
青赤黒は眠らない
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:代表戦( 77 )
野球用
 珍しく日本代表の話。

水びたしの芝・消えるボール…地獄ピッチで勝て!ジーコ日本

 地獄…というのは大げさだと思いますけど。でもこんな状態でもできるんだから、スタンフォード・ブリッジはまだまだマシですよねバルサミコさん!(比較対照として間違っているような)
 確かにUSは「サッカー人気がイマイチのお国柄」なんでしょうけど、正直強いし、こんな環境でやらされることになったのはサッカー人気がないというより単に日本代表がなめられているだけのような気がします。

 そういえばフィンランドともやるんですよね。よく知りませんが、ヒーちゃんも出るんだろうか?
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-11 03:44 | 代表戦
ホスト国、イングランドファンに警告
Don't mention the walk

 今度のW杯、イングランド対トリニダード・トバゴ戦の開催されるニュルンベルクでは、少しでもナチス・ドイツを思わせるような仕草をしたイングランドファンは容赦なく逮捕するとの強硬姿勢を見せているそうです。第二次大戦で英国とドイツは敵国同士だったし、フットボールでも宿敵ですからね。
 現地警察は「そういうのはシャレにならない。ちっとも面白くないし容認しない」と言ってるそうで。「相手はドイツじゃなくてトリニダードなのに、なんでドイツを挑発しなきゃならないのか」と思うかもしれませんが、そこはほれ、ヴィラ戦なのに「We・Hate・Tottenham!!」とか歌う人々ですから。

やってもいいこと:
・「You're Schmidt and you know you are」とチャントを歌う
・「グレート・エスケープ」の歌をハミングする(これはイングランドの聖歌ですから不可欠)
・「Inger-land」と歌う
・1966年の(唯一の)W杯優勝のことと、2001年にミュンヘンで5-1で勝ったことに触れる(そうそう、あれは感動だったねえ…瞬間、ロンドンのあちこちから喜びの絶叫が聞こえたもんだ)


やってはいけないこと:
・挑発行動:3年以内の刑
・ナチ式敬礼:問答無用でムショに2週間
・足を高く上げたナチの行進の真似
・「Two world wars and One world cup」のチャントを歌う(英国が第一次・第二次世界大戦で戦勝国となり、W杯で1回優勝したことを指す。ちなみにドイツは第一次・第二次世界大戦でいずれも敗戦国。だけどW杯では3回優勝)
・ナチのヘルメットやバッジを着用する
・とにかく戦争について触れる

 そのかわり、イングランドファンに対する挑発も厳しく取り締まってくださいよね。

(写真は、ドイツ国旗柄のトイレットペーパー…)
[PR]
by hinakiuk | 2006-02-09 15:13 | 代表戦
ユーロ2008組み合わせ発表
 オーストリアとスイス共催になるこの大会。
 しかしなんだこの抽選結果は。イングランドがるんたったすぎる。いいのか。いーんです!

Group A
Portugal
Poland
Serbia & Mont
Belgium
Finland
Armenia
Azerbaijan
Kazakhstan
かなりきついぞポルトガル。セルモンも侮れないし。


Group B
France
Italy
Ukraine
SCOTLAND
Lithuania
Georgia
Faroe Islands
ききき、キツーーーイ! スコットランド…かわいそうフェロー諸島。


Group C
Greece
Turkey
Norway
Bosnia
Hungary
Moldova
Malta


Group D
Czech Republic
Germany
Slovakia
REP OF IRELAND
WALES
Cyprus
San Marino
うえーん、またアイルランドがキツそうだよ~~(涙)


Group E
ENGLAND
Croatia
Russia
Israel
Estonia
Macedonia
Andorra
すいませんがイングランド楽勝の感じが…


Group F
Sweden
Spain
Denmark
Latvia
Iceland
NORTHERN IRELAND
Liechtenstein
ここも上が詰まってるなあ…


Group G
Holland
Romania
Bulgaria
Slovenia
Albania
Belarus
Luxembourg
オランダ楽勝だな。

 結論:なんかえらく偏ってる気がするこの抽選。
[PR]
by hinakiuk | 2006-01-27 15:40 | 代表戦
代表監督 名前の挙がってる人々
■本人たちの弁

・スチュアート・ピアース(マンシティ)

 今朝見たインタビューでは「スベンが就任した時も『イングランド人がいい、イングランド人がいい』ってみんな言ってたが、私はその当時から『優秀であれば国籍なんて関係ないだろ』と思ってたよ」とおっしゃっていました。
 そういえば、ピアースはキーガンが辞めた後監督代行(caretaker manager)をやってるんですね。で確か9試合で1試合しか負けてないという成績だったそうです(記憶がさだかでない)。


・アラン・カービシュリー(チャールトン)

 今日のEvening Standardでは
「Curbs: My focus is totally on Charlton」
という大見出し。
「こういう噂が出るのは仕方ないが、噂に火を注ぐつもりはない。私にはチャールトンでの仕事があるし、頭のなかにはそれしかない。今週はFAカップ(対レイトン・オリエント)やらプレミアのビッグマッチ2試合(WBAとスパーズ)やら大変なんだ。ここのところ調子も良いし、この3試合で2勝はしたいんだ」
 賢明なお答えです。


次期代表監督、ヒディンクの人気高まる

 エージェントがBBC Radio5で「まだFAからコンタクトはありませんけど、話が来たらフースは絶対興味を持つでしょうね」と話したそうです。確かに、彼の言うとおりパク・チソンやらイ・ヨンピョやらいろんな選手を売った後でもちゃんと立て直してる力量はスゴイ。


■そうそう、そういえば

 ユーロ2008の抽選会が明日だってみなさんご存知ですか?
[PR]
by hinakiuk | 2006-01-26 13:54 | 代表戦
スベン事件 でもがんばる選手たち
■選手たちの弁

ジョン・テリー「最後までスベンを支持する」

「ライバルたちが『イングランドは監督がやめるらしいぞ、選手は不安になるだろうな、ウヒヒヒヒ』って思ってるとしたら、考え違いだ。俺たちは結束しているし、スベンは監督だ。トーナメントも終わっていない。だから、何も変わってないんだ。
 スベンには選手を選ぶ権利があるけど、ひとたびタッチラインをまたげばイングランドの希望を背負うのは選手たちなんだ。俺たち次第なんだよ。それはみんなよくわかってるし、受け止めている。俺たちはファンのために、そして2度目の優勝という夢のために闘う。

 スベンは俺に代表デビューのチャンスをくれた。ほかにもそういう選手がいっぱいいる。俺はスベンを支持してきたし、これからだって、最後まで同じだ。ほかのチームメイトもそうだと思う」


 ああっキャプテン、素敵! 力強いし心強いですー! あなたがイングランドのキャプテンになる日が待ち遠しいですわ。


マイケル・オーウェン
「マスコミが毎日毎日スベンの批判を書きたてて、次の監督のことばかり話題にしてたら、選手の中にはうんざりし始める人もでるかもしれない。でも俺たちはW杯に集中したいんだ。イングランドの6千万人の人々を代表してW杯に行くんだからね。何事にも動じちゃいけない。今は、W杯でどう闘うかを監督と選手で話し合うほうが先なんだ。その後で監督が誰になるかなんてことより、そっちの方が10倍も大切なんだ」
「誰だって優秀な人に監督になってもらいたいだろう。それがイングランド人なら2倍にいいことだよね。イングランドはフットボール大国だし、優秀な監督が何人もいる。でもその人が優秀なら、外国人だってかまわないし、イングランド人のみんなも満足なはずだよ」
(BBC: Owen fears World Cup distraction

ウェイン・ブリッジ
「スベンがW杯後に辞めてしまうのは悲しいことだ。彼は僕をいつも信じてくれたし、いつも代表に召集してくれた。でも、きっと次の監督にも認めてもらえると思ってるよ。今のことに集中したいね。ほかの選手も同じだと思うけど、W杯っていう大舞台をみんな楽しみにしてるだけだし、その先のことは誰も考えてないと思う」
(Sky Sports: Bridge sad to see Sven go


シアラー叔父「イングランド人がえぇんだけどな」

 「理想を言えばな。でも経験の多寡は問題じゃない。クリンスマンもファンバステンも代表監督になるまでそんなに経験なかったけど、ある一定の成績は残してるからな」だそうです。


FA「スベンはもう次のお仕事を探してよし」

 で、ヴィラなんですか?
 ちなみにスベンのお面もここにあります。


■どろさん早く帰ってほしいのに

コートジボワール準々決勝へ サッカー・アフリカ選手権
 調子がいいのはいいことだし、怪我をしてないだけでもいいのだけど、でも決勝戦までいなくなったらかなりつらい…。この間ガーナはナイジェリアに負けちゃったらしいけど、エシアンは関係ないしね。
[PR]
by hinakiuk | 2006-01-26 10:58 | 代表戦
イングランド次期代表監督レースが開始
■「スベン、W杯後に辞任」報道について

 Podcastを聞いてくれた人は知っていると思いますが、昨晩FAの決定が下りました。スカイスポーツではハマーズ対フラム戦の次の番組がちょうど、視聴者が電話でフットボールに物申す「You're on SkySports」だったもんで、開始早々スベン問題で喧々諤々。今朝も勿論続いてます。
 日本でも報道が出たみたいですね。(朝日:イングランド代表監督、W杯後に退任 問題発言で批判

 Mirrorが次の候補者のオッズを載せてます。
5-1 Steve McClaren, Sam Allardyce, Alan Curbishley
8-1 Martin O'Neill, Luiz Felipe Scolari
10-1 Guus Hiddink, Stuart Pearce
16-1 Jose Mourinho, Paul Jewell
20-1 Steve Bruce, Bryan Robson
25-1 Marcello Lippi, Ottmar Hitzfeld, Arsene Wenger
33-1 Steve Coppell, Peter Taylor, David O'Leary
40-1 David Moyes, Alex Ferguson, Glenn Hoddle
50-1 Terry Venables
66-1 Bobby Robson
100-1 Kevin Keegan, Harry Redknapp
 上位3人はいずれもイングランド人。podcastで「首位はピアース」と言いましたが、どうも彼は「まだ早い」と言ったらしくて下位に下がってますね。意外だったのはSteve McClaren。だってボロ今低迷中なんだもん…。
 意外と低いと思ったのがポール・ジュウェル。まだプレミアに定着するまでは信頼できないということなんでしょうか。だってウィーラン会長は乗り気なのにねえ(笑)

 知り合いのバルサポには「どうよモウリーニョ、兼務で!! やりたがるんじゃない?」と言われましたし、BBCでも「Mourinho for England!」なんてコラムが出てます。が、まだ先とはいえうちらプレミアもCLもFAカップもあって忙しいんで、もうちょっと下位のヨーロッパに出てないチームの人にでもやってもらってください。それにモウさんはやるならポルトガル代表でしょう、将来的には必ずやるでしょう。需要と供給も一致している。
 テリー・ベナブルズは確かちょっと前に噂が出たけど本人が否定。キーガンは…やるわけないと思うけど、それとハリー・"おじちゃん"・レドナップが同位なのはどういうことだよ。


 というふうにマスコミは書きたてて興味を煽ってるわけです。これも彼らのおまんまのネタなので仕方ないんでしょうけど、今朝テレビを見たらイングランド代表サポーター団体の人がこんなこと言ってました。
「外国人監督だイングランド人だとぎゃあぎゃあ言ってるようだけど、プレミアの順位表見てみ? マクラーレンは17位、アラダイスは7位じゃねーか。一方、モウリーニョは1位でベンゲルは5位だ。どっちに頼みてぇかなんて言わなくても分かるだろ?」

 …これが、一般人の一番正直な気持ちなんじゃないかと思います。


 余談ですが、「マクラーレン」というとすぐにF1を思い出してしまう私。ところが、えげれすの乳母車の最大手メーカーの名前もマクラーレンなんです。
 だから、私は街でマクラーレンの乳母車を見るたび、イグゾーストノートとともに爆走する乳母車を想像してしまうのでした(笑)

[PR]
by hinakiuk | 2006-01-24 16:05 | 代表戦
スベン疑惑 わりを喰った人々
 例のスベン疑惑で一番とばっちりを受けたのは、あしざまに言われた選手と、「For sale」だと言われたアストン・ヴィラではないかと。

 スベンはおとり取材の時、各選手についてもいろいろぶっちゃけたコメントをしたそうなんですが、

・オーウェンは「ニューカッスルでは全然ハッピーじゃない。カネのために移籍しただけ。これまでで一番給料が高いから、と言ってた」
・リオは「ちょっと怠け者の時もある」
・ルーニーは「癇癪もちなのは、貧乏なお育ちが原因」

とか言ったらしい……
 そして、ヴィラの監督になってもいいと言ったことについて、勿論現監督のオレアリーも怒ってるみたい。「これまでもスベンに対しては全面的に協力してきたし、W杯前の休みを代表選手にあげるためにプレミアのスケジュールがきつくなったことも支援してきた。のに、まだ代表監督の仕事についている人がこんな発言をするなんて受け入れられない」と。まあ当然の反応ですよね。


 アイルランド代表監督にスティーブ・ストーントン選手が任命され、ボビー・ロブソンがアシスタントに任命されたそうです(ロブソンをなんで監督にしなかったのやら)。で、Daily Mailなんかではスベンとロブソンの比較をしてるんですよ。ロブソンがタッチラインで叫んでる写真と、スベンが頭抱えてる写真と並べて。「ロブソンはこんなふうに、選手を鼓舞してくれた」って。
 それって単に「あの頃は良かったな~」っていう懐古趣味なだけじゃん。
 それに、叫べばいいってもんじゃないって口をすっぱくして言ってるのに。
 Evening Standard見たら、やっぱり「ピアースいいかも(でもまだちょっと早いけど)」って記事が。やっぱりね。そう来ると思ったよ。分かりやすい。
 モウさんだってそんなに騒ぐほうじゃないよ。普段はベンチから出て来もしないよ。ゴール入れても知らん振りしてることもあるよ。

 …と思っていろいろ写真見たら、結構おもしろいね…いろいろやっとるわモウさん。
 てことで、勢い余ってバナーにしてしまいました。ハハハ。愛だよねえ。

 とにかく、今はそんなことしてスベンの足をさらに引っ張るようなことしてたって始まらないよ。あんたらが支持しなくて誰が支持すんのさ。余計選手が動揺するじゃん。あとそんなに時間ないんだから、今は関係を修復してちゃんと前見て進まなきゃ! ってガイジンの私が言っててどうするんだよ。せっかく、私のらんらんとかテリー君とかじぇらとか揃ってるんだから、心置きなくプレイに集中させてあげてよーーー!!! それで、あわよくば悲願の優勝をーー!!!


■スベン疑惑余波

 いろいろ報道が出てるようですが、まとめ切れていません。なのでメモ程度に。

Alan Hansen's column

 スベンはアフォなことをしたと言ってますが、誰かもお書きになってましたけど「騙す奴がいなけりゃ騙される奴もいない」のですよね。
 おっしゃるとおり、「マスコミ、選手、国民のすべてを味方につける必要がある」のは当たり前ですが、マスコミは特に逆をやりたがるわけで、それでおまんまを食っている汚い奴らもいるわけです。「だからって騙されるのは脇が甘い」と批判するのはどうなんですかね(アランがそう言っているわけではないですが)。
 ともかく、選手がこれで監督に大なり小なり不信感を抱くようになってしまうのは無理からぬことで、この壁を修復する仕事がひとつ増えてしまったことになります。50年ぶりのメンツがそろったと言われるイングランド代表、逆言えば、これを逃せばあとまた50年は望み薄かもしれないわけで、本当に正念場だと思います。
 私は非国民とののしられようが、彼らを心から応援しています。
[PR]
by hinakiuk | 2006-01-17 17:21 | 代表戦
スベン疑惑再び
SVEN'S DIRTY DEALS(The news of the world)

 今朝の話題はこれ。News of the worldはThe Sunの日曜紙ですのでえげつないんですけど。
 そもそも、このおとり取材が始まったのはなんと昨年7月にさかのぼる。スベンのエージェントに、アラブ人を装って「ドバイに新しいサッカー学校を作るのだが、コーチをすることに興味はないか」と聞いたところ、なんと答えはイエスだった。
 そこから調査を開始したという。

 今回新聞社は、アラブの富豪に成りすましドバイの豪華ホテルのシーフード・レストランにスベンを招待。イングランドのチームの買収に興味があると持ちかけたところ、スベンは「アストン・ビラは売りに出ている」と発言。エリス会長は高齢で健康状態が良くないからと説明した。
 仕掛け人が「あなたを雇いたいが、規律違反ですよね」と言ったところ、スベンは笑って「そうですが、不可能なことは何もありません。ただ、シーズンが終わってからですが」と答えた。
 また、代表監督の職については「もう5年半もやった。長かった。とにかく、W杯で勝ったら、私は辞める」と意思表明。FAの支援がないことに対して不満を述べた。
 さらに、「私が誘えば、ベッカムをレアルからヴィラに連れて行ける」と豪語。「明日呼んで、ヴィラに行ったほうがいいと説得することもできる」と話した。
 オーウェンについては「ニューカッスルで満足かと聞いたら、マイケルは『まさか!』と答え、ニューカッスルにいるのはカネのためだけだと言っていた」と嘯いた。

 翌日、仕掛け人はスベンとエージェントと弁護士を豪華ヨットに招き、さらなる話し合いに。スベンは3年の契約と、モウリーニョと同等の税抜きで年間5万ポンド(約1億円)の給料+20万~30万ポンドのボーナスを希望した。
 関連:FA supports England boss Eriksson

 英国ではこういうおとり取材やおとり捜査が横行していますが、いいことだとは思えないですよ。そこには、スベン指揮下のイングランド代表についての不信感みたいなものがあるとも思うけど、まあ北アイルランドに負けたりデンマークに親善試合でボロ負けしたりいろいろありましたが結局はグループリーグ1位抜けで、何が問題なのか分からない。
 根本は「外国人監督」に対する抵抗なんだと思う。実際「プレミアなんてガイジン監督ばかりなのに、代表くらいは…」という声も聞かれる。
 でも、私はケビン・キーガンがやめた時、監督を誰もやりたがらなくて国中が「どうすんだ、どうすんだ!?」ともめた時のことをよく覚えています(フットボールファン歴が浅いもので…)。当時傾きかけていたイングランド代表を立て直してくれたのはスベンだと思ってます。
 それに、彼はタッチラインに立って怒鳴りまくるわけじゃないから、見ごたえはないけど(笑)、不思議と選手からの信頼は厚いらしいですよね。だったら、私たちが「ガイジンだから」という理由でぎゃあぎゃあ言うのは間違いじゃないんでしょうか? 少なくとも、惨憺たる成績でW杯を終えるとかそういう後で言って欲しい。

 そこ行くと、日本なんか積極的にガイジンのいい監督を受け入れようというところはすばらしい。
 ただ、そこにはやっぱりプライドというものの違いがあるのかもしれない。
 日本はまだプロになって日が浅い。もっと外国から学ばなきゃという気持ちもあるし、外国のスターに対する盲目的な憧れもある。だけど逆に、イングランドはフットボール協会「FA」の名称のどこにも「イングランド」がつかないことからも分かるとおり、フットボールの母国であるという自負がある。だから、なかなか外国人監督を受け入れられない。
 外国人選手の問題とはまた違うと思うんですよね。素人なりに考えてみるに、私としては外国人の監督を招くより、選手の先祖のどこかにその国の人がいないか血眼で捜しまくって無理やり代表選手に仕立て上げることのほうが変であるような気がします。


 とにかく、こんなことで代表チームの足を引っ張るなんて論外、言語道断。
 今朝、スポーツライターが集まって議論する番組にたまたま、この新聞社の記者が出ていましたがなんかいかにもヲタクみたいな人で、Shame on you!と言いたくなりました。で、ほかの記者が「これをばねに代表選手の結束を固めて欲しい」とか言ってましたが、そんなことしなくても普通に結束してたのに!!
[PR]
by hinakiuk | 2006-01-15 22:14 | 代表戦
ランパード? ジェラード?…どっちかなんて選べない!
 Daily Mirrorの「どっちの中盤ショー」企画。イングランド元代表のお歴々に、「あなたが監督だったら、ランパードとジェラードのどっちを選ぶ?」と質問してみました。
 なんかリバポ出身者が多い気がするのですが、ずるーいというか、仕方ないというか(笑) この際、ランパード家とリバポ双方の遺伝子を持つジェイミー・レドナップにも聞いて欲しかったよ。

 ブライアン・ロブソン
 どっちも。2人は良すぎて切り離せない。
 2人とも、欠点が見つからない良い選手だ。監督なら誰でも「こんな選手が欲しい!」と思うだろう。少なくとも、イングランド代表には2人とも欠くことができないということだけは言えるだろう。
 ジェラードは、ディフェンスの前に立ちふさがる攻撃面で私の現役時代に近い。ランパードは言うまでもなく、ゴールを入れることが好きだ。
 フィル・トンプソン
 以前テレビで「ランパードのせいでジェラードの影が薄くなっている」と言ったことがあるんだけんども、ありはほんとにスティーブンに失礼だったっぺ。フランクはスティーブンよりたくさんゴールを入れるかもしれねえけども、スティーブンはフランクよりたくさんのポジションをこなせるっぺ。後ろでも中盤でもいけるっぺ。それにチームメイトを元気付けることもできるしな。
 ケニー・ダルグリッシュ
 そりゃスティービーだっぺ。だけんども、俺に聞くのは間違いだっぺ。なんでかって俺りゃスカウサー(リバプール出身)だからよう!
 いや、まじめに言うと、どっちもエクセレントな選手だな。だがスティービーはほんもののリーダーだっぺ。いや、ほんとにどっちか1人っちゅうのは難しいけんども、スティービーはリバポ史上でも最高の選手になると思ってるっぺ。フランクは、スティービーと違ってCLの優勝カップは獲ってないが、リバポと同じくらいチェルシーにとって大切な選手だっぺ。
 デービッド・プラット
 どうしても選ばないといけないなら、ジェラードだな。彼はダイナミックでユニークな選手だ。ほかの選手のできないことができる点で、私は「freak」(フリーク。ちょっと変わった、という意味)と呼んでいる。しかし、フランクは得点数で言うならジェラードの2倍は取れるだろう。ジェラードよりより微妙なプレーができるというか、優れたパスも出せる選手だ。
 レイ・ウィルキンス
 いやー2人とも欲しいね。俺がアブラモビッチだったら、絶対2人とも獲るね!
 比較しても同格の2人だと思う。監督として、2人がチームにいたらすごく嬉しいと思うよ。ゴールの入れられるMFだし、2人とも2桁入れてるだろ。選ぼうとしても、どちらにも一日の長がある。スベンは本当にラッキーな男だ。

c0033779_414586.jpg・らんらん…
 BBCのトップに載ってました。ちょっとひどい…(笑)
[PR]
by hinakiuk | 2005-12-30 18:30 | 代表戦
W杯組み合わせ発表
 イングランドは
GROUP B
England
Paraguay(FIFAランキング30位、予選4位通過)
Trinidad & Tobago(51位)
Sweden(14位、前回準決勝)
 です。

 FIFAさんあなたはほんとうに公平な抽選を…(笑)(笑)
 またスウェーデンですか
 スベンの故郷ですかと。
 スベン本人、「こりゃ運命だね、あはは…」と苦笑してます。

 それ除けばわりとラッキーかも…
 スカイでは視聴者からのメールを読んでますが、「ラッキー・ラッキー・イングランド」とか言ってます。でもイングランド、結構弱い相手にコケたりするので気が抜けん。精神的に強固とはいえんし…凹む時は凹むし。
 パラグアイって誰がいるの? トリニダード・トバゴも知らん。

 予定は
・イングランド対パラグアイ 6月10日 フランクフルト
・イングランド対トリニダード・トバゴ 6月15日 ニュルンベルク
・イングランド対スウェーデン 6月20日 ケルン

 ケリー・ダルグリッシュ(※スカイのリポーターでケニー・ダルグリッシュの娘さん)、抽選会場のライプチヒに行ってます。役得だ~
 でも風邪引いてる~ げほげほいいながら抽選結果読んでる~お姉さん、根性あるね。早く風邪治せよ~

 で、日本は
GROUP F
Brazil
Croatia
Australia
Japan
 ふわーーー…ブラジルかぁ
 ブラジルとやれるのはいいけど…ねえ…。

で、死のグループは?
[PR]
by hinakiuk | 2005-12-09 21:23 | 代表戦