旧・すべてが蒼に染まるまで  ―― 初心者チェル好きー成長記
hinakiuk.exblog.jp

ランパードを愛するチェルシーサポーター(在ロンドン)がチェルシーFCを力いっぱいえこひいき。プレミアリーグも含め、ミーハーな話題満載でお届けします。

東ロンドンから西ロンドンのチェルシーを応援するすちゃらか会社員(♀)。特にひいきしてるのはランパード、ジョン・テリー、ジョー・コール、ダフ、ジェラード、なぜかロビー・キーン。ヒナキと呼んでね。
by hinakiuk
【README】
 このブログをお読みになる前に、必ず一度はREADMEに目を通してくださいませ。
 トラックバックスパム対応のため、当方へのリンクのないトラックバックは受け付けない設定にしております。

【プロフィール】

ロンドン在住、♀
職業物書き
趣味は歌うこと、読むこと、カラオケ、蹴球ミーハー話
書くのが仕事なので、間違った文章や送り仮名、「ぁぃぅぇぉ」などの変なギャル文字、やたら「☆」をちりばめるのとかそういうのは苦手です。

詳しくはこちら


【よく使う用語集】

こちらをどうぞ。長いよ。


【チェルシー 2月のお仕事】

1(水) Aston Villa Away 19:45 ★現地観戦
5(日) Liverpool Home 16:00 SkySports1 ★現地観戦
8(水) Everton (FA cup) 19:45
11(土) Middlesbrough Away 15:00
18(日) Colchester United (FA cup) Home 16:00 SkySports1
22(水) Barcelona(CL) Home 19:45 SkySports1
25(土) Portsmouth Home 15:00



【チェルシーサポさまブログ】

Ataasha in London
blogreso
Chelsea Japan編集後記
CHELSEA F.C. Unofficial Fan Site (ブログはこちら
doroguba
海外サッカー感想球
がそりんの揺れかた
夢見つつ深く植えよ
Come on the Chels!
青赤黒は眠らない


【リバプールサポさまブログ】

かめの洞窟日記
Singing voice of moonlight night
DADAいずむ
B.J Diary ならぬ B.P Diary
ぶりぶり方丈記
リバプログ

【そのほかブログ】

アストンヴィラおのプレミア観戦記と雑学の杜(ヴィラサポ様)
ATHELETIC POINT(アシエル君を預からせていただいてる、アスレティック・ビルバオのサポ様)
不屈の青(バーミンガムサポ様)
JACQUNITEDIARY(マンUサポ様)
usscspcl
ポルトガルサッカーのすすめ
Red'n'White Army(Sunderlandサポ様)
ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私 (ACミラン、新城、シュツットガルトサポ様)


【資料系リンク】

Chelsea Japan
ニュースを提供させていただいています。
Chelsea.com
いわずと知れた公式サイト。
Premier League
FA
uefa.com
資料価値高し。何より日本語で読めるし。
Simple Soccer
BBC sport football
元ネタは大体ここから。
my football news
Chelsea FC blog
英国のファンブログ。いろんな噂が載ってるのが楽しい。
まとめ検索
人気blogランキング


検索
最新のトラックバック
イケメン選手ランキング
from ☆MAYUMI_BLOG☆
フランク・ランパード
from アイドル芸能Shop
[ふっとぼーる]チェルシ..
from 栄光の赤の時代を再び
チェルシー完敗・・・、そ..
from 格闘技&ゲーム&サッカー(ヴ..
[football]余裕..
from B.J Diary ならぬ ..
[スポーツ話] Wiga..
from ぶりぶり方丈記 - あん肝だ..
vエバートン(FA)
from I think I can
ラインズマン大活躍
from 編集後記
[スポーツ話] ついにS..
from ぶりぶり方丈記 - ダイエッ..
[football]Ch..
from B.J Diary ならぬ ..
以前の記事
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 07月
2004年 06月
2001年 01月
カテゴリ
全体
プレイリポート
チェルシーニュース
モウリーニョ語録
プレミアニュース
リバプール
プレミアプレイレポ
代表戦
その他プレイリポート
その他ニュース
雑談
EURO2004
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
ぽっとの陽だまり研究室
NO MUSIC,NO ...
FOOTY! in イン...
R's memorandum
「 夢見つつ 深く植え...
青赤黒は眠らない
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧
カーリングカップ決勝 後日談
モウリーニョ、処罰される?

 例の「SHHHHHHHHHHHH!!!」ジェスチャーについて、FAが調査に乗り出すそうで、審判にリポート提出を求めたそうです。懲戒処分の可能性もあるとか。
 処分になった場合、リーグ・マネジャー・アソシエーションの弁護を受けられるそうです。そんな組織があったのか。
 同協会の副会長であるフランク・クラーク氏は「あのジェスチャーのことかい? 私が見たのは、ジョゼが指を手に当てたことだけで、特に問題には思えなかったね。(FAの人は)明らかに違うように見えたらしいけど、挑発的だとは思わなかったよ」と一応弁護している。
 「われわれはテクニカルエリアでの行動については責任を持つよう定期的に話し合っている。サッカーの試合では観客の安全を守ることに気をつけているが、今回のは程度としては軽いものだ」とも。


そういう憎まれ口叩くから嫌われるんだのに…

「発言には気をつけたほうがいい。私がイングランドのサッカーに順応する必要があるのと同じように、喧嘩になりたくないのなら君たちも私のやり方に順応しなければならない。私は先週、イングランドのサッカーに愛されたいのか、それともトロフィーが獲りたいのかと聞かれた。私はトロフィーは欲しい。だが、君に愛されたいわけではない」(モウリーニョ)


誰に手を振ってたの?

 映像を見た人は覚えていると思うのですが、表彰式の直前にピッチに戻ってきたモウリーニョ、ニコリともせずどっちかというと憮然とした顔で出てきましたが、途中で一回だけひらひらと手を振ったんです。
 あれ、奥さんに手を振ってたんだそうです。前列で見てたんだそうで。
 「試合の前に私が妻にキスを送っていたのを見なかったのか?
 んまぁ。アツアツね(笑)


ロッベン、CL第2戦には間に合いそう?
Robben on target to face Barcelona


 ロッベンの治療に関わっている医師は、来週のCL 決勝トーナメント1回戦 第2戦にロッベンが間に合うことを望んでいると話した。
 ロッベンは2月2日のブラックバーン戦で左足を2箇所骨折。当初、専門家は6週間試合に出られないとの見通しを示していた。しかし、ロッベンの治療を担当しているベルギー人のカイロプラクティック療法士、ジャンピエール・ミアースマン氏は3月8日の第2戦に間に合う可能性があると話した。同氏は27日、「バルサ戦に間に合うことを祈っているし、そうなるよう彼を助けるつもりだ」と話した。
 「12日前に彼を診た時、回復に役立つすべての治療を施した。一箇所の骨折を矯正し、その周囲の骨を調節した。筋肉のバランスを調節する必要があるし、姿勢についても調整している」
 「ロッベンは治療の結果に満足しており、現在彼は走れるようになっている。数日以内にもう一度彼を診ることになるだろう」

 ワールドサッカー・ダイジェストでは「フィーゴの後継者」と書かれていたロッベン。
 顔の濃さが違いすぎるけど(笑)偉大さでは負けていないはず!



 一方の気の毒なジェラードですが…

世界がばらばらに崩れた

Gerrard's world falls apart on a night of pain
 スティーブン・ジェラードはペナルティエリアのすみの芝生にしょんぼりと倒れこみ、涙で目を赤くしていた。顔いっぱいにショックの表情を浮かべていた。ほかのリバプールの選手たちが集まってお互いを慰めあっているときも、キャプテンは1人で座り込んでいた。(ガーディアン)


 「あのタイプは、自分で自分を責めてるね絶対」(by うちの同僚)
 うー、早く立ち直れ!

 つか世の中、ジェラードとリバプールびいきですよまったく。
Gerrard has no need to feel guilty for his gaffe (ジェラードは罪悪感を感じなくていい)
Reasons to be cheerful(リバプールが元気になっていいこれだけの理由)
STEVIE O.G. Was Gerrard's own goal his first for Chelsea?


 チェルシーのサッカーについて全然書いてないじゃん。
 さすがに妬けちゃうな、私…
[PR]
by hinakiuk | 2005-02-28 23:23 | プレミアニュース
「チェルシーは勝ったがモウリーニョは負けた」…??


 今日の英紙の一番裏は軒並みチェルシーでしたねえ。でも、どっちかというと「They won but he lost(チェルシーは勝ったがモウリーニョは負けた)」みたいな論調が多かったです。すっかりイングランドサッカーの鬼っ子の座をファーギーから奪ってしまった感が。ほんとモーさん批判ばかりでした。やっぱり、金満経営だという風当たりが強いようです。

 でも、アラン・ハンセンはこう書いてます。
「モウリーニョは人々の関心(批判か?)が自分に集中してとても喜んでいるはずだ。なぜなら批判が監督に集中すれば、各選手は報道に煩わされることなく平穏でいられるからで、それこそ彼の望むところだろう」

 そうか、そういうことか!((c)渚カヲル)
 深い、深いぞモウリーニョ!!!!


c0033779_050684.jpg
 あと幅を利かせていたのは、'skipper'(キャプテン、の意味)ジェラードに対する同情論。どの新聞の選手レーティングを見ても、「オウンゴールを献上してしまっても当然のような悪いプレイは、決してしていなかった」と書いてありました。
 アラン・ハンセンもこう言ってます。
「あれはジェラードのミスではなく、ひとつのボールにDFが3人も固まってしまった共同責任だ。いや、ミスですらない」
「ジェラードは(移籍の可能性とゲームを)混同するようなことはしないと信じている。それこそがCLだけでなく、プレミアシップで4位につけるのに必要な資質なのだ」

 この同情論は、チェルシーが彼を狙っているという噂も踏まえているんでしょうね。なんでも、実際観客席では「(この後どうせうちに来るんだから)1点目になるゴールをありがとう」というチャントも沸き起こっていたそうです…。
 でも、この写真のモウリーニョはそういうのなしに純粋に慰めていたんだと信じたいです。
「スティーブン、胸を張れ!!!」て感じで。

 なぜ敵のチームをフォローしているのかよく分かりませんが(笑)、なんでも「弱気になるな、ジェラード」のエントリで書いた彼のインタビューは、別にカーリングカップのことだけを言ったんじゃなくて、ずいぶん前にとられたものだったんだそうです! 情報操作チックですよね。
 マスコミって怖い。
[PR]
by hinakiuk | 2005-02-28 15:43 | チェルシーニュース
カーリングカップ決勝後のコメント

モウリーニョ監督のコメント

 (ジェラードのオウンゴール後、人差し指を口元に当て「黙るように」というジェスチャーをして退場させられたことについて)「あれはリバプールサポーターに対してのものではなく、プレスに対してのものだった。プレスは余計なことを言い過ぎる。私の意見では、彼らはチェルシーを邪魔するためならどんなことでもしようとしていた。前の2試合で負けている私たちに自信を失わせ、プレッシャーをかけようとしていた。だから、『待ちなさい、そんなにすぐにしゃべるものではない』、という気持ちであのジェスチャーをした」

「(退場について)後悔はしていない。私に非があるとしたら、イングランドで働いているからにはイングランドのやり方を尊重しなければならないということだけだ」
「審判ではなく警官に退場させられるのはあまりないことだ。警官の1人が主催者に『モウリーニョ監督は退場しなければならない』と言ったのだ」
*後でインタビューを見たら、
やっぱり監督なんだからベンチにはいたい(そりゃそうだ)。だからもう二度としない
とちょっとしょんぼりしてました(笑) ちょっとかわいい。


「私たちは初めてのタイトルを獲得した。もうひとつ(プレミアシップの)タイトルを獲れるのはほぼ確実で、非常に大きなタイトルだ」

「私はプレッシャーを感じていない。誰も私にプレッシャーをかけることなど絶対にできない」

(獲得したカーリングカップについて)「個人的には特別なタイトルではない。私はこれまでにいくつか獲得しているから、優勝杯がひとつ増えただけのことだ。ただ、勝てたことは非常に嬉しいし、ファンやクラブ、特に選手にとっては重要なことだ。初めて優勝することは難しいし、それを実現できたことには大きな意味がある」

「選手は全員すばらしかったし、優勝するにふさわしいプレーをしたことに疑いの余地はない」

「リバプールはよく攻め、よく守り、ベニテス監督のチームはいつもそうだがよく組織されていた」

「リバプールは1点を守り抜けば勝てると考えていた。だから、われわれは終了10分前に得点を入れたとき、心理的に有利な立場にあった」


 控え室ではスカイTVで観戦しながらアシスタントのスティーブ・クラーク氏に指示を出していたという。
「指示は単純な内容だった。交代で投入した選手をリバプールの選手に順応させること、パスを出すこと、ボールを追わないこと、そういった簡単な内容だった」

試合後、リバプールの選手全員と握手したことについて
「カップの決勝戦で負けるのはいい気分ではないから、リバプールの選手のことはとても気の毒に思った。前シーズンには自分自身が経験したことだし、あれは気分が良いものではなかったからね」


ヤロシクに替わって後半から入ったグジョンセンのコメント

「すばらしい勝利。緊迫した試合だった。リバプールに勝つのはとても難しかったが、最後には懸命に闘ったことが報われた」



リバプールの主将、スティーブン・ジェラードのコメント

「カーリングカップの決勝戦で敗北したうえ自分でオウンゴールを上げてしまい、私自身にとってさんざんな日だった。だが、今は次の試合のことを考えようと思う」
「私たちは得点するのが早すぎたのかもしれない。後は時間のたつのを待とうとした。優勝杯を掲げる時間まで後15分だったのだから。しかし、さすがにチェルシーは立ち直って、優勝するにふさわしい戦いをした」


リバプールのベニテス監督のコメント

「1-0でリードしていても満足せず、2点目を上げれば優勝することができただろう。しかし、私たちはミスをおかしてしまい、ついにはオウンゴールを与えてしまった」
「私は選手たちに、すばらしい試合をした自分たちに誇りを持ちなさいと言おうと思う」
「チェルシーは最初からゲームを支配した。しかし、私たちは3人のMFでチームを組織しなおし、何度かチャンスを得た」



(おまけ)モウリーニョ百面相?
c0033779_573843.jpg

あんた実は結構かわいい人でしょ?
[PR]
by hinakiuk | 2005-02-27 19:49 | モウリーニョ語録
カーリングカップ決勝 Chelsea 3-2 Liverpool
開会式

God save the Queenを歌うKatherine Jenkins
(先日の津波救済コンサート@同じくミレニアムスタジアム、では「You'll never walk alone」を歌った人。今日はさすがにそれは歌わないけど)
でもモリエっさん歌ってない(笑) 覚えてないのか、と思ったらほかの選手も歌ってなかった。
なんか同カップ史上、イングランド人選手の割合が最低とか。


前半

43秒でリーセにあっさり入れられる ぎゃー!
フェレイラっ! お前気ぃ抜いてただろー!!! 43秒でも4秒でも入るときは入るんだ!
なんか立ち上がりでぽかんとやられるパターン多いなあ…(ニューカッスルの時もそうだったじゃん) わなわな。

その後はなんとか頑張るブルーズ
完全にアウェーの雰囲気だが、
ポゼッションは65-35と確実に勝っている
シュート数でも確実に勝ってるが、なかなか決定打がない
ドログバ、絶好のチャンスをまた外す
28分、ランパードにイエロー(しかし、抗議の仕方に気品が…ああんステキ…うっとり)
ランパードとモリエっさん競演!(美しい)
ダフやや調子を上げてくる 今日はジョーもいいぞ。
フェレイラっ!
ともかく、この間のバルサ戦に比べて、「サッカーをやっている」という感覚があるのがうれしい!!!(だってあれはほんとサンドバッグだったもん)
今日は攻めているぞ少なくとも!!!
この調子で攻めればきっと後半には相手のネットを揺らせるはずだ!!!!



後半

ヤロシクOUT、グジョンセンIN
いよいよ攻めの態勢を加速させてますよ!
ベンチから直接Carragherに罵詈雑言を浴びせるモウリーニョ(笑)
ブルーズ攻めまくり
チェルシーゴール前:5%
中盤:52%
リバポーゴール前:43%(汗)
ジェラード、足つる
チェフ、また神業セーブ
ギャラスOUT、ケズマンIN
モリエンテスOUT、バロシュIN
ゴール前の混戦攻防で79分、ジェラード、なんとオウンゴーーーーーール!!!!!!!!!!! チェルシー、2試合連続ogゲット
放心するジェラードの表情がゆがむ。
ここでなんとモウリーニョsent off!!!!!! (なんか挑発的な言葉を言ったらしい? 控え室の扉をバン!と叩き、激怒してテレビを見ているそう)
(※実況は、「オウンゴールについて観客をinciteした」と言ってる)
Dudek負傷、かなりいたそう、でももうリバポには交代枠がない!

引き続き攻めまくってはいるけど、こんなの心臓持たん!!!!!
早くなんとか入れて!


1-1で延長戦突入
チェルシーの運動量、がっくり落ちてる。お疲れだ。仕方ない。
ドログバのヘディング、ポストに当たる! キー
107分、ドログバごーーーーーーる!!!!!!!! シャツを脱いで駆け回るドログバ! ありがとーーーーーーー!!!!!!!!(延長後半,2-1)

ランパードのコーナーキックをグジョンセンがアシスト、112分ケズマンゴーーーーール!!!!!(3-1)
「チェルシー、優勝に秒読みとなりました!:
と実況が言ったと思ったらすぐに1分後、Nunezゴール!(3-2)
おいおい! 後10分のらくら見せてもらおうと思ってたのにー
必死に攻めるリバプール、ギリギリでチェフ必死で止める。



勝ちました!!!!!!!!!!!!
苦しかったーーーーーーーー!!!!
でもモウリーニョいないし・・・・・(汗)(汗)

退場後、控え室でテレビを見ていたモウリーニョ、解説がうるさいらしく、音を消して(笑)ポルトガル語で叫びながら見ていたそうです。
で、「表彰式には出ない!」と言ってたそうですが、出てきました。
選手が「監督もチームの一員だ。出てきてほしい」と伝えたからのようです。
実況「あ、心変わりしたようです!」(笑)

ピッチにすわりこみ、ひざを抱えてうつむくジェラード…(涙)
「滑り出しはとてもよかった。でも、得点するのが早すぎたのかもしれない。自分たちを鼓舞するのがとても難しかったし、チェルシーは僕の入れたオウンゴールもあってラッキーだった」
ああそんなこと聞かないでいてあげればいいのに。でもキャプテンだから仕方ないね…。


表彰式。
テリー君が優勝杯を掲げて叫ぶと、後ろから青い煙が上がる。ジャンプしながらカップにキスするみんな。98年以来の優勝。
「Blue is the colour(※イギリス英語なのでこのつづり。colorは米語)」のかかるなか、ピッチをかけまわる。

モウリーニョの笑顔が初めて見れた。



試合後のコメント(聞き取りにつき抜粋です)

――このメンバーで初めての優勝ですが?
「クラブやサポーターにとってはたいへん喜ばしいことだろう。しかし私にとってはそれほど重要なことではない」
――退場になったことを後悔していますか?
「まったく後悔していない。ただ、ここはイングランドだし、イングランドのやり方を尊重するべきだった」
――今後の試合に対してプレッシャーは?
「プレッシャーなど一度も感じたことがない。今週、いろんな新聞の報道を読んだが、どれもチェルシーに対しては批判的な、プレッシャーをかけるものだった。ニューカッスル戦(FAカップ)での敗戦以来そうだ。あの試合は落とすべきではなかったのかもしれないが。昨日も、(プレミアでの)マンUとのポイント差が6に縮まったと書き立てている。しかし、今週チェルシーは試合がなかったのだしその計算は意味がない」
[PR]
by hinakiuk | 2005-02-27 15:57 | プレイリポート
ポーツマスのばかっ
Man Utd 2-1 Portsmouth

ルーニー2発かよ。
そういえば今日シュレック見てたんだよね…(笑)

ああ明日のカーリングカップ、獲れますように…神様お願い。
いい子でいますから…
[PR]
by hinakiuk | 2005-02-26 23:17 | プレミアプレイレポ
加藤茶は依然舌好調
 「ニューカッスルで大事な試合を落とし、FAカップから脱落したことは確かだ。しかし、CL決勝トーナメント第1戦を落としたことについては、ほんとうの敗戦だとは思っていない。いわば、2-1でハーフタイムを迎えただけなのだから」

 「私にプレッシャーをかけようとしても無駄だ。なぜなら、私はプレッシャーを感じたことがないからだ


 うおーん、そんなこと言ってみたいよ!
[PR]
by hinakiuk | 2005-02-26 12:09 | モウリーニョ語録
ランパードのインタビュー
 なんだかあまり気分がよくないので、軽めのネタいきましょう。

 ワールドサッカーダイジェストを読む機会があったのですが、偶然ランパードのインタビュー(たぶん1月末時点)が載ってました! かいつまんで紹介。

尊敬する選手:ガザ。会った時ガチガチに緊張していたら、冗談を言ってリラックスさせてくれた。私生活ではいろいろあるかもしれないが、すばらしいサッカー選手だと思っている。僕の前で悪口は言わないで欲しいね(笑) (※言いません!ハイ!)

モットー:守れないMFは意外と使い物にならない。(※そのモットーはプレイに生かされてるね!)

マケレレとのコンビネーション:マケレレが入ってきた時は闘い方についてよく話し合っていたが、今は自分が攻撃的、マケレレが守備的な動きをすることで暗黙の了解がとれている。あのポジションであれだけ守備のできる選手はそういないと思う。(※君もだけどね!)

サッカー選手になっていなかったら?:小さい頃からサッカーをやることだけを考えていた。(お父さん、おじさんなどサッカー選手の家系で)サラブレッドと言われるが、実際は努力の賜物だと思っている。(※姫川亜弓タイプね!)

これまで手ごわいと思った選手:ロイ・キーン

オフのすごし方:2匹の犬と公園を散歩。あとガールフレンドとすごす。基本的に体を休めるようにしている。(※ペットショップによく訪れてるらしい。これは口コミ情報)
[PR]
by hinakiuk | 2005-02-25 14:12 | 雑談
トンネル内での出来事についてのチェルシーの公式コメント
 チェルシーFCは昨晩のCL決勝トーナメントで、トンネル内で物理的な衝突があったという報告を否定し、新たに下記のようなコメントを発表する。

 各マスコミは、モウリーニョ監督とバルセロナのコーチ陣との間でもめごとがあったと報じている。しかし、このような事実はなく、現在UEFAに提訴を準備している問題とも無関係であることを改めて確認する。
 提訴の内容はまだ明らかにされていないが、バルセロナのライカールト監督と審判のアンダース・フリスク氏だけに関係する問題だと考える。
 カーリングカップの準決勝後モウリーニョ監督は、ハーフタイムにトンネル内で監督が審判に後半戦に影響するような言葉をかけることができるのは驚くべきことだとマスコミに表明した経緯がある。



====
 噂では、フリスクにライカールトがなんか言ったせいでドログバが退場になったんじゃないか、と文句を言うらしいですが、証言者は少ない気がするしこれまでの例を見ても認められる可能性は非常に低いと思います。モウリーニョがなんでこんなことを言い出すのか、なんだか彼らしくない気がするなあ。だって2-1は彼の計算の範囲だと思うので、ことさらちゃぶ台をひっくり返すような無茶なことしなくても。
 まあ正式な提訴の内容を待ちましょう。


追記:
 まだ公式発表は出てないのですが、モウリーニョはライカールト監督がハーフタイムにフリスクなどのいる控え室に言ってなんか話した、それがドログバの退場につながったというのを怒ってるらしい。UEFAは「控え室には鍵がかかっていたし、UEFAの職員も2人いたけど何も見てない」そうです。もちろんライカールトは否定しているし、バルサのコーチも抗議について「pathetic」(哀れだ)とか「bad loser」(負け方が潔くない)と言っています。デコも「ポルトガル人にあるまじきこと」とか言ってるし…
[PR]
by hinakiuk | 2005-02-25 12:52 | チェルシーニュース
ベニテス監督「弱気になるんじゃない、ジェラード!」
  ジェラードがBBCのインタビューで「今シーズンはトロフィーが取れる可能性は少ない…」と弱気なことを言ったらしいです。
 キャプテン! そんなことを口に出してはいけないよ!
 それならまあ遠慮なくカーリングカップ獲らせていただきますけど…(笑)

 ベニテス監督は「『CLに勝てる!』って思ったほうがいいだろ。なんでそう考えないんだ? 私はいつだって勝ちたいし、勝つことだけを考える選手が必要だ」と発破をかけたそうです。
 「負けた時は、何が悪かったのか解決策を考える。次に勝つことだけを考えれば、引き分けたらどうなるかとか考えずにすむ」とおっしゃっています。
Benitez issues warning to Gerrard

 イメージトレーニングって重要だもんね。
[PR]
by hinakiuk | 2005-02-25 12:36 | リバプール
CL第1戦 追記
 ちょっと落ち着いたので昨日の観戦の模様を…

 地上波ではやってなかったので勿論衛星のスカイスポーツで見ていたわけですが、サンドイッチも飲み物も用意して準備万端。観戦前に風呂にも入って精神統一もしました。
 ところが、サッカー仲間(ACミランサポ。ただし私と違って超詳しい)がなんと接待でつかまり観戦できず! 店から「スコアを送ってー」とテキスト(携帯メール)が入ったので、逐一報告。きっとピーピーうるさかっただろうな…それにしても、オールド・トラフォードまでカバーしなきゃいけない私は忙しかった。
 ミランは勝ったので、今朝「おめでとうございます」と言ったら一応「守れば次はホームだし勝てるよ!」と慰めてくれました。でも「やっぱマキシ・ロペスも江藤もすげーな!」との一言が余計です(笑) さすがにアウェーで勝利した人々は余裕です。まああれはロイ・キャロルの大ポカもありましたが、それをクレスポが見逃すはずないのであった。ふふふ。


 以前書いたかもしれませんが、スタンフォード・ブリッジには何度か行っていますけどまともに勝てたためしがないので、験を担いであえて見に行かないようにしていたんです。もちろん、私はシーズンチケットホルダーじゃありませんので、友達に定価で譲ってもらっていたわけですが。

 ところが、「チケットどうよ?」のお誘いがありました。フラム戦です。
 ただ、フラム側なんです…厳しい。それは厳しい。
 喜べないじゃないか!

 でもなあ…実はファンデルサールのルックスにはかなり惹かれるものが…(サッカーは顔も重要ですから)
 もちろんフラムを応援することは絶対にありませんけど、見れるとなるとフラム側でもいいかなーとちょっと心が揺れます。


 もともとチェルシーを応援するようになったのは、そのへん(ロンドン西部、ウィンブルドンやノッティング・ヒルのあたり。地下鉄1本だし近いです)に住んでたというのと、周囲にサポが多かったから。最初に連れて行ってもらったのもチェルシーだったんです。
 現在は東に引っ越してしまったので、一番近いクラブというとウエストハムなのかな…? まさかレイトン? ミルウォール???(ヒナキ、フーリガンに??)
[PR]
by hinakiuk | 2005-02-24 12:52 | 雑談