旧・すべてが蒼に染まるまで  ―― 初心者チェル好きー成長記
hinakiuk.exblog.jp

ランパードを愛するチェルシーサポーター(在ロンドン)がチェルシーFCを力いっぱいえこひいき。プレミアリーグも含め、ミーハーな話題満載でお届けします。

東ロンドンから西ロンドンのチェルシーを応援するすちゃらか会社員(♀)。特にひいきしてるのはランパード、ジョン・テリー、ジョー・コール、ダフ、ジェラード、なぜかロビー・キーン。ヒナキと呼んでね。
by hinakiuk
【README】
 このブログをお読みになる前に、必ず一度はREADMEに目を通してくださいませ。
 トラックバックスパム対応のため、当方へのリンクのないトラックバックは受け付けない設定にしております。

【プロフィール】

ロンドン在住、♀
職業物書き
趣味は歌うこと、読むこと、カラオケ、蹴球ミーハー話
書くのが仕事なので、間違った文章や送り仮名、「ぁぃぅぇぉ」などの変なギャル文字、やたら「☆」をちりばめるのとかそういうのは苦手です。

詳しくはこちら


【よく使う用語集】

こちらをどうぞ。長いよ。


【チェルシー 2月のお仕事】

1(水) Aston Villa Away 19:45 ★現地観戦
5(日) Liverpool Home 16:00 SkySports1 ★現地観戦
8(水) Everton (FA cup) 19:45
11(土) Middlesbrough Away 15:00
18(日) Colchester United (FA cup) Home 16:00 SkySports1
22(水) Barcelona(CL) Home 19:45 SkySports1
25(土) Portsmouth Home 15:00



【チェルシーサポさまブログ】

Ataasha in London
blogreso
Chelsea Japan編集後記
CHELSEA F.C. Unofficial Fan Site (ブログはこちら
doroguba
海外サッカー感想球
がそりんの揺れかた
夢見つつ深く植えよ
Come on the Chels!
青赤黒は眠らない


【リバプールサポさまブログ】

かめの洞窟日記
Singing voice of moonlight night
DADAいずむ
B.J Diary ならぬ B.P Diary
ぶりぶり方丈記
リバプログ

【そのほかブログ】

アストンヴィラおのプレミア観戦記と雑学の杜(ヴィラサポ様)
ATHELETIC POINT(アシエル君を預からせていただいてる、アスレティック・ビルバオのサポ様)
不屈の青(バーミンガムサポ様)
JACQUNITEDIARY(マンUサポ様)
usscspcl
ポルトガルサッカーのすすめ
Red'n'White Army(Sunderlandサポ様)
ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私 (ACミラン、新城、シュツットガルトサポ様)


【資料系リンク】

Chelsea Japan
ニュースを提供させていただいています。
Chelsea.com
いわずと知れた公式サイト。
Premier League
FA
uefa.com
資料価値高し。何より日本語で読めるし。
Simple Soccer
BBC sport football
元ネタは大体ここから。
my football news
Chelsea FC blog
英国のファンブログ。いろんな噂が載ってるのが楽しい。
まとめ検索
人気blogランキング


検索
最新のトラックバック
イケメン選手ランキング
from ☆MAYUMI_BLOG☆
フランク・ランパード
from アイドル芸能Shop
[ふっとぼーる]チェルシ..
from 栄光の赤の時代を再び
チェルシー完敗・・・、そ..
from 格闘技&ゲーム&サッカー(ヴ..
[football]余裕..
from B.J Diary ならぬ ..
[スポーツ話] Wiga..
from ぶりぶり方丈記 - あん肝だ..
vエバートン(FA)
from I think I can
ラインズマン大活躍
from 編集後記
[スポーツ話] ついにS..
from ぶりぶり方丈記 - ダイエッ..
[football]Ch..
from B.J Diary ならぬ ..
以前の記事
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 07月
2004年 06月
2001年 01月
カテゴリ
全体
プレイリポート
チェルシーニュース
モウリーニョ語録
プレミアニュース
リバプール
プレミアプレイレポ
代表戦
その他プレイリポート
その他ニュース
雑談
EURO2004
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
ぽっとの陽だまり研究室
NO MUSIC,NO ...
FOOTY! in イン...
R's memorandum
「 夢見つつ 深く植え...
青赤黒は眠らない
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 03月 ( 88 )   > この月の画像一覧
マイコーって強いね、オトナだね。
 昨日アゼルバイジャン戦を見に行ってた同僚の人に聞いたら、テレビ観戦してた私たちほど客席は悲観的じゃなかったそうです。確かにあれほど攻めながら1点も取れなかった前半終了時はブーイングだったそうですが。2点だったけど、それでもポールに当てるとか惜しいシュートがたくさんあったし、勝ったからハッピーそうだったとのこと。
 よかった。

 でもこの人はちょっとハッピーじゃないみたいです。
 それは、マイケル・オーウェン。

 まあ確かに、あれだけばかすかシュートしたわりには1点も入れられなかったのはとても残念でしたが、現地で見ていたサッカー通(ちょっと喧嘩っ早い)ですら「あれは運としか言いようがない。別にオーウェンが悪いわけじゃないと思う」と言ってました。記録がかかってるから緊張したんじゃないか?とも。

 それで話が終わればよかったんですが、アゼルバイジャンのCarlos Alberto監督がこんなことを…。
「あいつ…名前はなんだっけ? 10番の、背のちっちゃい、レアルのファーストチームでプレイしていない奴だよ。奴は、"ポーランドがアゼルバイジャンに8-0で勝ったんなら、イングランドは少なくとも8点は取るだろうね。そしてそのうち5点は僕が入れるよ"、って言ったんだろ」
「でも彼は他人に敬意を払うべきだね。結局、マイケル・オーウェンって何者なんだい? レアルでプレイしてるらしいが、いつもベンチにいるじゃないか」
「アゼルバイジャン相手に5点取れるって言うべきじゃなかったね。5点なんて取ったっけ?」
「僕にはサッカー歴がある。でも、このちっこい奴(midget)にはどんな歴史があるんだ? 口を慎んで、今日は雨で濡れてるはずだからベッカムの靴でも洗ったらどうだ?」
「奴は1点もあげられなかったじゃないか。エリクソンはいい奴だ。でも、人を敬うってことを選手に教えないといけない。結局、奴は何者なんだい? ここにいるなら直接言ってやりたいよ」

  これについては、スベンやベッカムたちからも「彼はそんな人間じゃない!」と反論が出てますし、当のオーウェン自身も否定してます。

「僕の試合前のコメントをチェックしてくれたら、僕がそんなことを言ってないって分かるはずだ。そんなふうに人をバカにしたことなんてない。でも、彼には僕のプレイを批判する権利がある。確かに僕はもっと良いプレイができたはずだから」
「幸運なことに僕は精神的に強い人間だし、こういう経験から学んで、選手としてもまた人間としても成長しつづけるだろう」
 オトナや、オトナがここにおる…(涙) モーさんこんなこと言われたら、首絞めに行ったかもしれん。
 冗談はさておき、私もオーウェンがそんなことを言うタイプに思えないので誤解だと思ってます。
 とにかく、ベンチを暖めている選手のことをそんなふうに言うのは許せない。みんな好きでそうしてるわけじゃないんですし、ベンチの選手も大切なチームの一員なんだから!

 最後に口直し。今日のイブニング・スタンダードです。
c0033779_585414.jpg
 スティーブン笑ってら!(薄い笑みだけど) 君いつもそういう顔でいなさい。おっとこ前なんだから。
 おっとこ前といえば、その後ろには、さりげなく微笑んで祝福しながら伴走するらんらん… おっとこ前MFがふたり並んで…
 いやん! ノックアウトさ!!(<-かなりアホです)

 上のCarlos Alberto監督も、イングランドについてはほめていて、「W杯で勝てるだろう」って言ったそうです。
[PR]
by hinakiuk | 2005-03-31 20:53 | 代表戦
CLバルサ戦1st legの落とし前 最終回 --ヤロシクさん出番です
 Chelsea boss guilty of disrepute

 2/23のCLバルセロナ戦ファーストレグの問題について調査していたUEFAの規律委員会はモウリーニョ監督に9,000ポンド(180万円)の罰金と、CLバイエルン・ミュンヘン戦2試合の出場停止を命じた。チェルシーには罰金3万3千ポンド(660万円)、アシスタントコーチのスティーブ・クラーク氏、セキュリティ担当のレス・マイルズ氏はけん責処分となった。
 反論の権利は与えられているが、チェルシーのブルース・バック会長はUEFAの処分を受け入れる方針で「Uefaの決定に対して満足とはいえないが、この問題を終わらせたいし、決定内容は尊重する」と述べた。
 モウリーニョ監督は出場停止中、ベンチや控え室、テクニカルエリアに立ち入ることが禁じられ、客席からの観戦しか許されない。
 モウリーニョ氏はFCポルトの監督時代、2003年4月のUEFAカップ準決勝対ラツィオ戦で、今回と同じ処分を1試合受けたことがある。

 やっぱりタッチライン・バンは免れませんでしたか…。

 モウリーニョ監督に2試合停止処分
ベンチ入り停止処分について、UEFA懲罰規定第70条2項は次のように定めている。
「停止処分を受けた監督・コーチは、該当の試合をスタンドからしか観戦できない。試合前と開催中に選手控え室、通路、テクニカルエリアへ入ることのほか、選手との接触も禁止される」
 ポルトの時もUEFAカップででタッチライン・バン食らったそうです。(Rooさんによる)
 調べてみたら、スローインしようとしていたラツィオのルーカス・カストロマン選手への暴力?だそうです(間違ってたら訂正してくださいね)。その時にも「泣いた。もう二度と味わいたくない経験だ」といってたのに…また泣くのかな…。

 それでも優勝してるわけですから、対処法は知ってるはずですよね?
 スタンドから「フェレイラ、落ち着け!」とかプラカードを出して指示する…のもだめなんだろな。
 あ、ヤロシクにメモを持たせるのはどう!?!? それで前から練習してたとか!?
 さっすがーーーモーーさん!(笑)
[PR]
by hinakiuk | 2005-03-31 19:16 | チェルシーニュース
ロッベン、早期復帰も
Robben looking for early comeback

 全治4週間かとも言われていたロッベンですが、クラブが言っていた通り、当初懸念されていたほどの大怪我ではなさそうです。
最悪の事態も考えたけど、2週間以内には走れるようになると思う。プレミアシップには出れると思うし、CLにも間に合うことを願ってる(ロッベン)

 CLではモウリーニョが2試合タッチライン・バンてことで、「完璧な形」のチェルシーを見せられるのは次の相手…リバポかユーべということになります。もちろん、バイエルンの壁は乗り越えられると信じてますよ!
[PR]
by hinakiuk | 2005-03-31 15:22 | チェルシーニュース
England 2-0 Azerbaijan
前半
 なんだか北アイルランド戦と同じ感じですね、前半。完全に試合をコントロールしていて、コーナーもとってるしシュートもガンガン撃ってるんだけど、GKのパンチングやらなんやらに弾かれ、入らん!!! すんでのところで。
 ランパードの「よいしょっ、と」ミドル(ゴールポストに当たる!!)も含め、ミドルシュートに何本か惜しいのがあったし。ほとんどロスタイムにかかってたオーウェンのシュートは入ったけどオフサイド(嗚呼!)
 しかし…1回、テリー君がでかいクリアミス。単独でドリブルで攻めあがってきたアゼルバイジャン選手のボールを走りながらクリアしようとして、スカッと空振りしてしまい、その後リオとアゼルバイジャン選手の一対一に…シュートはなんとかロビンソンが上手く止めましたが、ちょっとこれはヒヤッとしました。ジョン…
実「テリーは今季大きな壁として活躍しましたが、『いつでもミスは許されない』ということでしょう」

 ここでこの間の津波サッカーマッチの映像映る。
 赤いユニのアラン・ハンセンの姿。自分で見たアランは「Absolutely shocking!! Awful!」と恥ずかしがる。
 そしてなんとここでPolland 0-0 N Ireland
 NI頑張ってるじゃん…

後半
 51分、均衡を破ったのは じぇらーーーーーーーーーーーーーど!!!!!(1-0)
 いやったあああああああああすてぃーーーーーーぶん!!!!!!!
 ルーニーがちょんと出したクロスがアゼルバイジャンDFの頭を越え、これをジェラードが右足で上から叩きつけるようにシュート!

c0033779_1933688.jpg

 見たか! この豪快なテクニック!!!!!!
 見てたか、リバポサポーーーー!!!!
 遠からん者は音に聞け、近くばよって目にも見よ!
 I AM the ONLY ONE Steven Gerrard !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




 これで扉が開いた!と思ったが、なかなか広くこじ開けること叶わず。
 ルーニーは、やっぱりただものではないティーンエイジャー。何度もシュートをGKに弾かれる。4点くらいとっててもおかしくなかった。
 あんたはやっぱり凄い。(いい方向に進みさえすれば)

 今日は「シアラーの記録を抜きました!」と祝うためにスタジオにはシアラー本人も来てたのに、なかなかオーウェンにも決め手がない。
 そのうち、なんと、ゴール前でGKともみ合いになった時にハンドをとられてイエローを食らってしまう。これで次の試合には出られないことに…
 目に見えて落胆するオーウェン。どんどん精彩を欠いていく…ああマイコー。

 一方、ゴール前でペナルティをとってもらえずいらだつベッカム
 大体、脱げた靴をちゃんとはかずにピッチに戻ったことでイエローを食らう。
 はぁ~~!?
 そしてついに62分、鬱憤を晴らすように自分で速攻ゴール!(2-0)
 早くてGK手が出せない!
 客席(のビクトリア)に投げキッスを送るベッカム様、やはりさまになる男。王子の髪をルーニーが後ろから引っつかんで手荒い祝福。
 その後も何度となく敵のゴールを脅かしたが、ことごとくGKのパンチングやDFのヘディングに弾かれ、結局2-0で終了。

 うれしそうなのに、いつもやはりどこか悲しそうなスティーブンに拍手!!!!
 You deserve more, Steven!!!!
 もっと馬鹿笑いしろーーーー!!!!

 まあ、勝ったので文句はないのですが、やっぱり期待が高かっただけにBBCのレーティングは辛いです。
 ベッカム8点。まあ異議はないです。
 7点がロビンソン、ジェラード(ゴールできたのがすべてだが、stray passesが多すぎだって…)、ランパード(前半の思い切ったシュートはよかったが、後半になるにつれ存在感が薄くなった…)、ルーニー。
 6点がテリー(前半のひどいミスのせいで1点入れられるところだったって。確かにそれは否定できない…雨が降ってたからそのせいだと思いたい)、ジョー・コール(北アイルランド戦ほどの活躍はできなかった。良いクロスも出してたが)
 なんとオーウェンは5点。
 辛い…
 ほんと、ストライカーは外しても「惜しい」だけで済むけど、DFはそうはいかないのよね。減点法なのね…つらいねテリー君。たった1度のミスでもこうもヤイヤイ言われるのね…(涙)

 BBC newsでハイライト、ジェラードのインタビューが見れます。
 これによると、ジェラードはあのシュートについてこんなことをばらしちゃってます! 
――大切な、みんなずーっと待ってたゴールだったんですが、すごいゴールでしたね。すばらしいテクでした。
G「あれはミスだったんだ。正直言うと、地面に当たっちゃったからね」
――あ、そうなんですか? それはごめんなさい(笑)

 正直に言っちゃうところがなんとも彼らしい。まあ入ったんだからいいのにー。


追記
 ポーランド 1-0 NI
 引き分けてくれればよかったんだけど。今日は上位2チームがちょっとだけ苦戦した日でした。
 W杯はほんと何が起こるかわからないです。
[PR]
by hinakiuk | 2005-03-30 19:20 | 代表戦
日本 1-0 バーレーン
会社でくまこうと観戦。
テレビの前にある席でそれでも仕事する私。
「いけ!」「あーもう!!!」「サイド使えよサイドー!!!」との怒号のなか、それでも仕事する私。

 うちの会社の機能は一時停止してました、試合中。電話もかかってこなかったんで東京も同じだったんでしょう。
 が…どうもスッキリと勝たせてはくれませんねぇ。
 「予選ですから結果オーライ」とみんなで言い合いましたが、でも一抹の寂しさを共有してました。もちろん、イラン戦よりは全然見られる試合でしたし、押してたし、特に楢崎と高原はよくやってたと思うんで、ほんとは後半に自力でもう1点くらい入ったらよかったのになぁ。特に楢崎、全部ちゃんとキャッチしてたのはえらい! こういう時はこぼれ玉が命取りになるからね。

 OGの瞬間、よく見えなくて日本応援団@ロンドン、は一瞬凍りました。
 その後、改めて「やったー!」
 でもよく見ると相手の足が左隅(だったか?)にボールをきれいに蹴りこんでる!
 「オウンゴールだ!!」
 まあそれでもみんな躍り上がって喜んだんですけどね。
 でも、「ああ、テリー君の高さがあったら!」と悔しがったセットプレイが何度かありました。
 あまりにFWがシュート撃たないから、「ああ絶対らんらんなら今ミドルシュート撃って入ってるのに…」と悔しがり。(背後ではシュート撃つたび「おまえロベルトカルロスじゃないんだから!」という罵詈雑言も)
 競り合って倒されてボールを奪われそうになるたびに、「ルーニーになれ!!!」と叫んだし。
 おいおい、どこの応援してるんだ。

 師匠の見せ場はありませんでしたね。というか最後の方、FWボロボロでしたな。走れなくなってたし(それはバーレーンも同じだったけど)。「ジーコなんで替えないんだよ!!! まだ3人もあるじゃんかよ」「時間稼ぎしろよ!!!おまえそこで寝てろ!!」と怒号がこだましてました。
 大体ロスタイムになってから稲本君投入でしょ。遅すぎるって。(バーレーンびいきのユーロスポーツでは、稲本の時だけ元気付いて「Cardiff City」と紹介。さすが英国人実況!)

 しかし…なんだかんだ言ってジーコの悪運は強い。モウリーニョの次くらいに凄い。最近よくOGを見るなぁ。
 確かに、あれだって日本が入れたようなもんだけど、ねえ…。

 でも、いいんだ。勝ち点3なんだ。それには間違いない。勝ったんだ。
 やったあーーーーーーーーーーー!! 
 W杯チケット申し込んだから、お願いドイツに来てよね!

追記
 いつも勉強させていただいてるdorogubaさんのコメントはこちら。
W杯予選「日本代表VSバーレ-ン代表」雑感  ジーコの我慢は、サポーターの??
 あちらのコメントにも書いたのですが、バーレーンの選手の倒れ方、上手かったですね(苦笑) 「あんたそこ当たってないやん」てところを押さえて痛がる痛がる。特に前半、当たってもいないのにGKが頭を押さえてかなり長いことうずくまった(担架に医師まで出てきた!)時は思わず、「日本もあれくらいやれ!」と叫び、日本の選手が転がるたびに「もっと『いったああああああーーーーー!!!』って痛がれ!!」と叫んでしまいました。いや、皮肉じゃなくてまじめな意味でですよ。
 バーレーン演技派だわー。そうそう、点取られてからの豹変振りもあまりにあからさまでおかしかった。転んでもすぐにシャキッと立ってたし。これくらいはできないと国際舞台では通用しないんでしょう。日本人からは「スタンダードを下げて低いほうに合わせてやるこたぁない」って意見が出てくるんでしょうが、これも一種の技術ですからねえ(ダイブにならない範囲でね)。

 中田英の滅私奉公 日本代表 1-0 バーレーン(安良商店(ヤスヨシショウテン))
そんなわけで中田英の滅私奉公で勝てたわけですが、終了5分前にボールを奪った彼は、突然それまで見せなかった大胆なドリブル突破を行い、PAに入ろうと素晴らしい動きを見せます。結果的には相手二人に止められたのですが、終了間際になって思い切ったこのプレーこそ、彼が本来やりたかったことなんだろうなあと思うと、若干切ないものを感じました。

 同感…結局やっぱり誰も中田にはついていけてないのか。
[PR]
by hinakiuk | 2005-03-30 15:10 | 代表戦
チェルシーボーイズの星座を調べてみました
 ほかのブログでも書いたんですが、
フランス監督星占いで選手起用/W杯予選
 こんな記事があったので、私も調べてみましたよ。(けが人の一部は除いています)

GK
チェフ 20 May 1982 ギリギリおうし座
クディチーニ 06 Sep 1973 おとめ座

DF
ブリッジ 05 Aug 1980 しし座
カルバーリョ 18 May 1978 おうし座
フェレイラ 18 Jan 1979 山羊座
ギャラス 17 Aug 1977 しし座
フート 18 Aug 1984 しし座
ジョンソン 23 Aug 1984 ギリギリしし座
テリー 07 Dec 1980 いて座

MF
コール 08 Nov 1981 さそり座
ダフ 02 Mar 1979 うお座
ヤロシク 27 Oct 1977 さそり座
わたしのランパード 20 Jun 1978 ふたご座
マケレレ兄さん 18 Feb 1973 みずがめ座
ロッベン 23 Jan 1984 みずがめ座
スメルティン 01 May 1975 おうし座
ティアゴ 02 May 1981 おうし座

FW
ドログバ 11 Mar 1978 うお座
グジョンセン 15 Sep 1978 おとめ座
ケジュマン 12 Apr 1979 おひつじ座


 合計しますと、おうし座としし座が4人でトップです。
 ところが、フランス代表のドメネク監督は「目立ちたがりのしし座がDFに入ると、どこかで派手なことをしようとして、我々が代償を払うことになる」と言ってシルベストルを呼ばなかったそうですが、チェルシーのDF7人中4人がしし座です…(笑)(笑)
 自他共に認める鉄壁守備陣を誇るチェルシーのDFの半分以上がしし座というこの事実から、何が読み取れるでしょうね?(笑)

さらに、占いうんちく
[PR]
by hinakiuk | 2005-03-29 23:25 | 雑談
サッカー親善大使 モウリーニョ
 サッカーでは時にピッチでの出来事について、戦争に関連する用語を使うことがある。だが、そういった言葉が本当の、そして残酷な意味で使われるのはここイスラエルのような国に来たときだけだ。そして私たちは、闘いに関する言葉を使うことの不適当さを痛感させられる。
 「勇気」とは、関係が不安定になっている共同体の間に平和をもたらそうとする試みのことを言う。だから、ここに同席したみなさんは勇敢な人々だ。勇敢なのは私ではない。

 平和を築くプロセスは子供たちから始まるべきだ。それがスポーツを通して可能になれば、非常にすばらしいと思う。チームワーク、強力、友好、仲間意識、そして規律…サッカーはそういったたくさんのすばらしいものをもたらしてくれた。
 今日私は、異なる文化背景を持つ子供たちがスポーツを通じて集まり、すばらしい成果をあげているのをこの目で見た。彼らは賞賛されるべきだし、もし私とチェルシーが微力ながらお役に立てればすばらしいし誇りに思う。


 と実にまともなことをおっしゃっています。
 でもきっと、ほんとに子供は好きなんでしょうね。これ見てください。
 B.J Diary ならぬ B.P Diary

 えと、名誉のために念のため言っておきますが、モーさん選手出身じゃないから…(汗)
[PR]
by hinakiuk | 2005-03-29 20:19 | モウリーニョ語録
ロッベン、全治4週間か?
 父親のハンスさんがオランダのDe Telegraafに語ったところによると「アリエンの足首はとても痛むようだ。少なくとも4週間はかかるだろう」とのこと。
 これが本当なら復帰は4月後半ということで、CL2戦は絶望だしリーグ戦もほんとに最後のほうにしか出られないということに…。
[PR]
by hinakiuk | 2005-03-29 20:02 | チェルシーニュース
アゼルバイジャン戦を控えて
 会社の同僚が行くそうです…うらやましくて涙がちょちょぎれそうです。かなり強硬スケジュールになるそうですが。
 しかしこの写真以外、全部べっくはむとルーニーばっか。けっ。

 ベッカムの背中、ジェラードの足首部分の不調が伝えられてましたが、出場に問題はないとのこと。みんな元気ですよ!
 スベンも「けが人がいないなんてすばらしい!!」とはしゃいでます(ああロッベン…彼のことを思い出さずにはいられません)。

 スタメンは北アイルランド戦と同じになるそうです。確かに、両サイドをいじって実験してみたいという気持ちもあるみたいですけど。
この国に来て以来最高の状態かもしれない。出場している11人だけでなく、控えの選手もダイアーのように体調も万全で調子がいい。Jermaine JenasもWes BrownもJamie Carragherもみんないい

アゼルバイジャンから何点取れるか?とかいう考えはあまり好きじゃないんだ正直。勝つことが重要なんだからね。イタリアにいた時は、そういうことを言うとバッドラックだって言われていてね。そうならないように願ってるよ


 その前に昼間は日本対バーレーンですね。負けられない闘いになると思うので、会社で音消したテレビを見ながら応援します。上司がOKしてくれたので(^^)
 でもその時間帯、実はちょっと修羅場だったりします…(汗) ほんとはテレビ、席からちょっと遠くにあるんですが、その頃はすぐ後ろにテレビがある席で、ランパードやテリーやジョーに背を向けて仕事しないといけない時間帯もあると思います。(仕事になるのかって心配も…何せ上司もサッカー好き)
 がんばれ師匠! がんばれニッポン! ドイツは近いぞ。
[PR]
by hinakiuk | 2005-03-29 18:54 | 代表戦
ジョン・テリー、「イングランドのキャプテン? なれたらいいね」
「リオとソルがエリクソン監督のファーストチョイスだとしたら、僕は監督に『ちょっとそれは違うんじゃないかな?』という疑問符を投げかけることができていたらと思うよ」
 ジョン・テリーというのもありかもしれないな、と思ってもらえたらいいなということですね。

「チェルシーとしては、今季はとてもうまいこと進んでる。けど、代表チームとしてはまだ自分がステップアップしてないと思うし、自分の力を示す必要がある。今手にしているチャンスを利用して自分の力を証明できればいいなと思うよ。それは自分次第だよね。チャンスをものにして代表選手のシャツを着続け、チェルシーではエリクソン監督が見ている試合で特に頑張らないと」
「リオとソルと僕だけじゃない。ジェイミー(・キャラハー)もすばらしい選手だし、センターハーフにはいい選手が多い」

 キャプテン職が生まれつき好きみたいですね、やっぱり。

「クラブレベルでは確かにキャプテンの役目を果たせるまでに成長したと思うし、光栄なことだ。チームメイトは褒めてくれるし、リーダーを務めるのは好きなんだ。冗談を言ってみたりして、ピッチでもそのほかの場所でもみんなをモリあげるんだ」
(※モリあげる=レアル用語。レアルにモリエっさんがいた頃のように盛り上げること。ラウール作の造語(笑) 参照:MONTEDONKのsoccer etc.
「ピッチではいつも大きな声を出してる。指示が必要な時は、誰が指示を出すかは問題じゃないんだ。子供のときからそうしてきたよ。そういうのは自然とできるものなんだ」

「ベッカムはすばらしいキャプテンだし、みんな彼を尊敬してるよ。彼のアームバンドが誰かに受け継がれるまでにはまだ数年はあるだろうけど、いつかは自分がそれを受け取れたらいいなと思う」


がんばって! 君ならやれるさ!
[PR]
by hinakiuk | 2005-03-29 18:40 | チェルシーニュース