旧・すべてが蒼に染まるまで  ―― 初心者チェル好きー成長記
hinakiuk.exblog.jp

ランパードを愛するチェルシーサポーター(在ロンドン)がチェルシーFCを力いっぱいえこひいき。プレミアリーグも含め、ミーハーな話題満載でお届けします。

東ロンドンから西ロンドンのチェルシーを応援するすちゃらか会社員(♀)。特にひいきしてるのはランパード、ジョン・テリー、ジョー・コール、ダフ、ジェラード、なぜかロビー・キーン。ヒナキと呼んでね。
by hinakiuk
【README】
 このブログをお読みになる前に、必ず一度はREADMEに目を通してくださいませ。
 トラックバックスパム対応のため、当方へのリンクのないトラックバックは受け付けない設定にしております。

【プロフィール】

ロンドン在住、♀
職業物書き
趣味は歌うこと、読むこと、カラオケ、蹴球ミーハー話
書くのが仕事なので、間違った文章や送り仮名、「ぁぃぅぇぉ」などの変なギャル文字、やたら「☆」をちりばめるのとかそういうのは苦手です。

詳しくはこちら


【よく使う用語集】

こちらをどうぞ。長いよ。


【チェルシー 2月のお仕事】

1(水) Aston Villa Away 19:45 ★現地観戦
5(日) Liverpool Home 16:00 SkySports1 ★現地観戦
8(水) Everton (FA cup) 19:45
11(土) Middlesbrough Away 15:00
18(日) Colchester United (FA cup) Home 16:00 SkySports1
22(水) Barcelona(CL) Home 19:45 SkySports1
25(土) Portsmouth Home 15:00



【チェルシーサポさまブログ】

Ataasha in London
blogreso
Chelsea Japan編集後記
CHELSEA F.C. Unofficial Fan Site (ブログはこちら
doroguba
海外サッカー感想球
がそりんの揺れかた
夢見つつ深く植えよ
Come on the Chels!
青赤黒は眠らない


【リバプールサポさまブログ】

かめの洞窟日記
Singing voice of moonlight night
DADAいずむ
B.J Diary ならぬ B.P Diary
ぶりぶり方丈記
リバプログ

【そのほかブログ】

アストンヴィラおのプレミア観戦記と雑学の杜(ヴィラサポ様)
ATHELETIC POINT(アシエル君を預からせていただいてる、アスレティック・ビルバオのサポ様)
不屈の青(バーミンガムサポ様)
JACQUNITEDIARY(マンUサポ様)
usscspcl
ポルトガルサッカーのすすめ
Red'n'White Army(Sunderlandサポ様)
ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私 (ACミラン、新城、シュツットガルトサポ様)


【資料系リンク】

Chelsea Japan
ニュースを提供させていただいています。
Chelsea.com
いわずと知れた公式サイト。
Premier League
FA
uefa.com
資料価値高し。何より日本語で読めるし。
Simple Soccer
BBC sport football
元ネタは大体ここから。
my football news
Chelsea FC blog
英国のファンブログ。いろんな噂が載ってるのが楽しい。
まとめ検索
人気blogランキング


検索
最新のトラックバック
イケメン選手ランキング
from ☆MAYUMI_BLOG☆
フランク・ランパード
from アイドル芸能Shop
[ふっとぼーる]チェルシ..
from 栄光の赤の時代を再び
チェルシー完敗・・・、そ..
from 格闘技&ゲーム&サッカー(ヴ..
[football]余裕..
from B.J Diary ならぬ ..
[スポーツ話] Wiga..
from ぶりぶり方丈記 - あん肝だ..
vエバートン(FA)
from I think I can
ラインズマン大活躍
from 編集後記
[スポーツ話] ついにS..
from ぶりぶり方丈記 - ダイエッ..
[football]Ch..
from B.J Diary ならぬ ..
以前の記事
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 07月
2004年 06月
2001年 01月
カテゴリ
全体
プレイリポート
チェルシーニュース
モウリーニョ語録
プレミアニュース
リバプール
プレミアプレイレポ
代表戦
その他プレイリポート
その他ニュース
雑談
EURO2004
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
ぽっとの陽だまり研究室
NO MUSIC,NO ...
FOOTY! in イン...
R's memorandum
「 夢見つつ 深く植え...
青赤黒は眠らない
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 11月 ( 89 )   > この月の画像一覧
R.I.P.
オールド・トラフォードでジョージ・ベスト追悼式

c0033779_203537.jpg
 今晩の漫遊対ウエストブロム(カーリングカップ)の試合前に、追悼式が行われました。BBCの記事にもあるとおり、観客席はみんなベストの若い頃の写真を掲げてました。すごい壮観で、思い入れのない私でさえ胸が熱くなりました。そして、"Simply George's the Best"と、ベストをたたえるチャント。
 ベストの息子さんのカラム・ベストさんは、亡くなったことを報道陣の前で話していた時もすごく冷静で、ちょっとふてくされたような感じすらあったんです。が、今回ばかりはちょっと涙を拭いていました。
 そして、天を仰いでほんの少し微笑みました。
 「Dad, Can you hear this chanting? Can you see this from Heaven?」とでも言っていたのでしょう。

 1分黙祷。ルーニーやちんぴら軍団も、この時ばかりは神妙な顔つきです。
c0033779_2053478.jpg
ああファン様かっこいい…(見てるところが間違っている)

 その後、ホイッスルの合図で、大拍手が巻き起こりました。

 父親としてもかなりの放蕩男だったそうですが、やっぱりこのカラムさんにとっては大切なお父さんだったんでしょうね…
 結局漫遊が3-1で勝ちました。


■Sunderland 0-2 Liverpool

 生中継はなかったけど、後で今日の試合中唯一短縮版を再放送してくれたスカイ。
 いいとこあるじゃん。

・ジェラは右。FWは森倉コンビ。ローン中のルタレクは出れない。
・ミッドウィークのせいかガラガラ
・ヒーちゃん、足遅っ(笑) まあうちのリッキーもこの間ドリブルしてるの見たらちょっと頭痛くなりましたが。
・モリエンテスさん、髭濃いんですけどラウールさんをリスペクトしている?
・キャラのヘディングクリア、エリザベスがボールを抱っこして止める
・倉内、ドリブルでGKと1対1に。でも飛び出してきたGKがうまく止める
・ロングボールを受けたルイガルがGKと1対1に。GKが来る前にうまく転がし、ボールはころころとゴール右隅へ。ゆるいので、ライン割る前に止まるかと思った(笑)
c0033779_905333.jpg
・45分、アロンソからのロングボール、ジェラが走りながら追いついてシュート! ガッツポーズかっこいい。
 待ってたアロンソと固くハグ。
・今日も倉内、ゴール前で危機一髪のゴールチャンス。そしてスカイは今日も「クラーーウチ!!!クラーーーーーーーーーーウチ!!」と絶叫(笑)
・モモ、黄紙2枚で退場に。2回目のはよくないタックル。忙しくポジションチェンジを指示するラファとは何の会話もなし。
・リーセ、また惜しい強烈シュート。
・倉内交代。拍手。

・試合終了。ミック・マッカーシー、顔覆う。

 というわけでリバポさんCL圏内浮上。まあチェルシーとの差は12ポイントありますけども。
 倉内君はまだ、楽しませてくれそうです!(笑)
[PR]
by hinakiuk | 2005-11-30 23:40 | プレミアニュース
いつだって、あなたは私のナンバーワン!
ランパード、FIFA World player of the yearにノミネート

 3人の候補者はランパード、ホナウジーニョと江藤さんだそうです。ちなみにホナはもう去年貰ってるんだし、今年はもういいジャン。バロンドールとかいうよく分からない賞も貰ってるんだしさ!
 ただ、「バロンドールの受賞の仕方」(西部謙司「世界のツマ先」)によると、「FIFAのほうは各国代表チームの監督が投票する。こちらは正真正銘の専門家が選ぶのだから、バロンドールよりも専門的な投票結果が出そうなものだが、これまでの受賞者を見ると、むしろバロンドールよりも一般的というか、名前で選んでいる感じがするから不思議だ」とあるので、またどーせホナなんでしょと斜に構えておきます。
 発表はチューリヒにて、12/19です。

 ちょっとオンラインの記事が見当たらないんですが、バロンドールとかいう賞の発表の直前にTimesに載った記事で、モウリーニョが「ランパードを選んでもいいのではないか。でも、すべては判断基準の問題というだけだから、選ばれなくても気にするな」みたいなことをしゃべってました。
 大丈夫、世界一の監督であるモウさんが「世界一」と称する選手なら、世界一じゃないはずないもの。
[PR]
by hinakiuk | 2005-11-30 22:31 | チェルシーニュース
アラン・ハンセン「蒼と赤の貴公子、台頭す」
 ホナウジーニョが今年のバロンドールに選ばれるのは必然的なことだった。確かにホナウジーニョは非常に特別な選手だ。W杯ではイングランドの強敵として立ちふさがるだろう。
 だが、フランク・ランパードとスティーブン・ジェラードが2位、3位につけたことは、彼らの地位がますます上がっていることの現われである。

 ジェラードはずっと若い頃から注目されてきた選手であり、こんにちの成功は驚くことではない。しかし、ランパードはモウリーニョの手によって成長し、「世界のベストプレイヤー」として知名度を高めた。
 2人はイングランドの中盤としてかけがえのない選手である。

 ランパードはウエストハム時代その能力にまだ疑問をもたれていた。2001年6月、チェルシーへ1100万ポンド(23億円)で移籍した時は眉をひそめる者もいたものである。
 だが、私は彼のフットボールに対する姿勢、適応性、そして成功したいという意志に一度たりとも疑問を抱いたことはなかった。私は実際にそれをこの目で確かめたのだから。

 何年か前、ジョー・コールとフランクにインタビューするためウエストハムに出向いたことがある。
 インタビューが終わって帰ろうとした時、フランクがひとりでトレーニング場に戻っていくのに気づいた。彼は懸命に練習していた。思えば、今彼が成功する兆しはあの時から現れていた。
 その結果は、今皆が知るとおりである。

 そしてジェラード。
 彼は特に、ボールを持った時の天性の能力にすばらしいものがある。1年半のウリエ時代は彼ひとりの力でチームをまとめていた。
 そしてリバプールがCLで優勝したとき。ジェラードはチームの触媒となって働いた。
 3点ビハインドとなった後半に、逆転ののろしとなる1点目を入れ、チームとそしてファンを励まし、ライトバックとしてもすばらしい働きをした。

 ランパードとジェラードは2人とも驚異的な選手であり、賞賛に値する。
 「この2人は中盤で両立しない」と言う人もあるが、私は可能だと強く信じている。うまく機能させるには、大手術をしなくてもちょっとした調整で大丈夫なはずだ。
 この2人のどちらかをW杯で落とすなど、狂気の沙汰である。
 私は、ジェラードのベストポジションは中盤のワイドレフト(なんて訳す?)で広いスペースを使ってチームを駆り立てるのがいいと思っている。代表でもそれが可能なら、ランパードを中心に置き、ベッカムを右に置いて、エリクソンはキングやキャリックを使えるだろう。
 ただ、彼らが応用力のある選手だということを忘れてはならない。

 ひとつ確かなことは、ランパードとジェラードの受賞はイングランドにとってグッドニュースだということである。
(BBC: Alan Hansen's column

[PR]
by hinakiuk | 2005-11-30 13:24 | プレミアニュース
あまり関係ないけど(笑)カーリングカップ
c0033779_20432975.jpgピッジリー、ミルウォールへ1週間だけローン

 Andy Marshallはひざの怪我でアウト、Paul Jonesは3ヶ月のローンを終えて帰ってしまい、もう1人のColin Doyleはバーミンガムからの借り物なので出場できない契約なんだそうで、キーパーがいないミルウォール。うちのイケメン若い衆のレニーが1週間だけローンで行ってたんですが、2-2の引き分けにもつれ込んだ結果、PK戦で4-3で負けてしまいました。
 それでも、ニッキー・バットのシュートをセーブしたり頑張ったみたいです。いい経験したね。


■ドンカスター、ヴィラを粉砕

 (3-0)でジャイアント・キリングとか言われてますよ。
 あすとんびらおさん激怒中。もしかしたら、ブログのタイトルや趣旨はおろか、ハンドルすらも変わってしまうかも…。(いっそチェルサポ、どうですか?)

 しょんぼりするオレアリー氏。

 ま、まあ、チェルシーも、敗退しましたから…(一応相手はプレミアのチームでしたけど)


■ガナは若い衆で勝ち

 「今日はどうでもいいカーリングカップがあるけど」と言ったらガナサポ君が「なーにを言ってるんですかヒナキさん、今日はうちの若いのが羽ばたく日ですよ!!!」というので爆笑してしまいました。
 ほんと、2人しか知ってる選手いなかったなあ。
[PR]
by hinakiuk | 2005-11-30 11:29 | プレミアニュース
明日はカーリングカップでも見るか
■カントナ:ベストに贈る言葉
 天国で最初のトレーニングシーズンが始まったら、ジョージ・ベストは一番お気に入りのライトウィングをやるんだ。で、レフトバックやってる神様をほれぼれさせるようなプレイをするだろうな。
 俺が行く時まで俺の場所も空けといてほしいぜ。神様のチームじゃなくて、ジョージ・ベストのチームのな。
(Mirror: CANTONA'S HEAVENLY TRIBUTE TO BEST

■あらリバポさんたら

 明日はミッドウィークなのにプレミアの試合ですか…
 何、サンダーランド(A)?
 たぶん勝つでしょう…ということは、25ポイントで4位のウィガンと並んでしまいます。得失点差は現在、ウィガンが6でリバポが5。2点差以上で勝てば文句なし、4位浮上ということですか?
 CL圏内ですよー!(笑)

 しかし、チェルシーの得失点差26ってなんなのよ…
[PR]
by hinakiuk | 2005-11-29 23:23 | プレミアニュース
ジョー・コール「俺はダイブなんてしない」
 週末のぽんぴー戦でダイブだったという根も葉もない中傷を受けたジョーが反論しています。
 イングランドにはダイブをする奴もいるけど、俺はそんな選手じゃない。俺は絶対にダイブなんてしない。
 あれは絶対にペナルティだった。それに誰かに黄紙を喰らわせようとも退場にさせようとも思ってなかったよ。だけど、あの日はあんまりにも俺にファイルばかりしかけてくるから、遅かれ早かれ審判はなんらかの決断をしたはずだ。
 ダイブだなんて疑われてほんとイライラしたよ。
 スピードのあるドリブルをしてる時につまづいたら、そりゃ勢いよく倒れもするさ。それがダイブみたいに見えることもあるだろうけど、それは誤解だよ。だってあれはわざとじゃなかったんだから。
 チェルシーが1点入れた後、ステファノビッチは俺に足をひっかけて転ばせた。絶対にだ。審判が気づいてたかどうかは知らないけどさ。
 公式でこの日の写真見てください、3分の1くらいは、ジョーがタックル受けてる写真です! ぽんぴー許すまじ。

 PKをもらった後、PAぎりぎりのところで2度目にこかされた時のこと。
 こけたところへ審判が来たから、「俺はダイブしてない!」ってジェスチャーをしたんだ。「これはファウルじゃない」という意味でああやったんじゃないんだ。黄紙を貰いたくなかったんだ、もう4枚もらってるから、次にもらったら出場停止になってしまう。
 ああ、そういう意味だったんですね。私もてっきり「これは(相手の)ファウルじゃない」という意味かと思いました。
 俺が証明したのは、誰も俺を試合からけりだすことなんかできないってことだ。俺はどんなチャレンジだって恐れない。だから4枚もイエローを貰ってるんだ。タックルするのはすごく好きだよ。
 フィジカルな試合はとても楽しい。もしそれに耐えられなかったら、プレミアで生き残ることなんてできないよ。
(ITV: Cole: I would never dive
 でも、タックルは安全に、警告受けないように、何より怪我しないようにやってね。
 お姉さんたちはいつも心配してるから。


■次はCLリバポ戦(H)ですが

 まだチケット来ないんですけど…
 プレミアのチケットは数日後にすぐ来るので、こんなに来ないとなんか不安です。


■要らないしあげません

 0-0より
とっとと買ってマケレレ返してくれ
バラック選手の去就について質問されたルンメニゲ会長は「1月には答えの出る問題だ。おそらくレアル・サンマリノかチェルスキーだね」とコメントしたらしい。
 わたしゃバラック嫌いだってーの! 「ジェラードあげるからマケレレくれ」と言われても悩むくらいなのに、なぜバラック!?
[PR]
by hinakiuk | 2005-11-29 22:39 | チェルシーニュース
りばぽサポに質問
Eチケットって

・なんですか。
・映像? それとも音声だけ?
・いくらかかりますか?


■(リバポつながりで)倉内ぃーの連続ノーゴール記録

 でくの坊ヘスキーさんのノーゴール記録。(不屈の青 - Indomitable Blues)よりトラバいただきました。
 「ヘスキーさんはリヴァプールにいた2001-02シーズンにクラブで17試合連続ノーゴールというのが自己ワースト」だそうですが、倉内ぃーは「17試合連続ノーゴール中の模様です(代表戦も入れると21試合)」だそうなので、もしかして大先輩であるへスキーさんへ敬意を払って、次で記録を停止させてしまうかもしれません!(笑)
 もしくは、ヘスキーさんを目標としてきたので、「よし、やっと抜いたぞ。これからも記録更新頑張ろう!」と思ってノーゴールを続けるのかもしれませんが・・・。

 それにしてもリバポって、FWに「師匠」が多いのは伝統なんですかね?


■調子に乗ってもうひとつリバポの話題

 vamosmoroさん経由。
 Anfield Sport and Community Centreというスポーツ施設の改築記念で、記念式典にジェラードとキャラガー@Scouserコンビ、が参加したそうです。
 このページでその模様が見れるんですが…
 STEVIE AND CARRA GO BACK TO THEIR ROOTS

 2人がヘディングしあっているところがあるんですけど、キャラのパスがジェラードの前で落ちてしまってラリーが途切れたところで、「お前のパスが悪い!」「いやお前のが!」と二人で指をさしあってるところがあります(笑)
 これを見て思い出したのは、クレスポのゴールシーン。
 ポーツマス戦ではパウロが、その前のアンデルレヒト戦ではらんらんが素晴らしいクロスを出しましたが、それを決めたクレスポ、セレブレーションがわりにクロスを出してくれた人を指差して「君のおかげだよー」って喜びを分かち合ってるんですよね。あれ、いいシーンだと思います。
[PR]
by hinakiuk | 2005-11-29 11:15 | 雑談
バロンドール決定
ロナウジーニョがバロンドールを受賞

2位おめでとう

フランク!!!!


3位おめでとう

すてぃーぶん!!!!



1. Ronaldinho (Barcelona)
2. Frank Lampard (Chelsea)
3. Steven Gerrard (Liverpool)
4. Thierry Henry (Arsenal)
5. Andriy Shevchenko (AC Milan)
6. Paolo Maldini (AC Milan)
7. Adriano (Inter Milan)
8. Zlatan Ibrahimovic (Juventus)
9. Kaka (AC Milan)
10. Samuel Eto'o (Barcelona)

 ちなみに、公式によると、50人の候補者のうち
10 ジョン・テリー
13 クロード・マケレレ
14 ペトル・チェフ、ディディエ・ドログバ
 だったそうです。
 チェルシーボーイズいっぱい♪
[PR]
by hinakiuk | 2005-11-28 20:57 | チェルシーニュース
デービッド・ベッカム・アカデミーが開校
Beckham launches football school

 今日正式オープンだそうです。公式サイトはこちら
 ほんと、この人子ども好きですね。最初あんまりいいイメージなかったんですけど、子供さんをほんとかわいがってるんで今では見直してます。
 場所は、彼の生まれ育った東ロンドンにある、ミレニアム・ドームの隣。8歳から15歳までの少年少女年間1万5千人に有料・無料でフットボールを教える予定で、6月に立ち上げたカリフォルニアの学校と似たような感じになるとか。結構目立つ外観なんだそうで。
 開発者には「チャーリーとチョコレート工場」みたいなのにしてくれ、って言ったんだ。どこかに「ワーオ!」って言えるような要素を盛り込みたかっただけだよ。だから、それについて皮肉な見方をされたらがっかりだな。俺はフットボールからいろんなことを教えてもらったから、お返しに、特別でちょっと違った場所をキッズのために用意したいだけなんだ。
(The Times: School project marks high for Beckham
 それでは、主将様の子供さんはどうしてるんでしょう?
 長男のブルックリンは潜在能力がいっぱいあるところを見せ始めている。強いし正確なんだ。ロメオはもっとフットボールに取り付かれてるよ。シャツとスパイクがお気に入りで、ベッドまで持って入るんだ。
 俺は2人には一度も、強制したことなんかないんだよ。
 親子でフットボール選手っていいでしょうね。チェルシーのグジョンセンなんか、代表で親子一緒にピッチに立ちましたし。

 このニュース見てて思ったんですが、地元の子たちは行くのかなあと。なぜなら、イングランドの地元にはすでに地元フットボールクラブのアカデミーによる草の根組織が形成されていて、めぼしい子たちはみんなそっちに入ってるんですね。
 知人の話だと、普通の学校にクラブから教えに来たりもするそうです。その人はロンドン南部に住んでるんですが、「フラムのアカデミーからトレイナーが来てるよ」と言ってました。

 それと、このインタビューの時主将様、例のへんてこりんなスペインのジャージを着てましたがあれなんなんでしょ?

 これのことですよ。


■主将様、キーン退団に異論
 ユナイテッドはあれが最善策だと思ったんだろうが、俺としては賛成できるとは言えないな。俺がマドリーに来る時は少なくとも、(ソリがとことん合わなかった)監督と「グッド・バイ」って言って握手くらいはしたよ。
(BBC: Beckham critical over Keane exit
 以来、主将様は漫遊の元チームメイトに地元に帰ってきて挨拶したことがないんだそうです。
[PR]
by hinakiuk | 2005-11-28 15:16 | その他ニュース
フットボール版"Hello!"紙ですかね。
■ジェイミー・レドナップ、雑誌を創刊

 ここでもたびたび登場している、リバプールやトッテナム、サウサンプトンで活躍した元イングランド代表MFでランパードの美青年のいとこ、ジェイミー。
 彼が今度「Icon」という隔月刊の雑誌を出すことになったそうです。それも、人脈を利用してフットボール選手の日常やその家族について掘り下げた内容になるとか。創刊号で注目されるのはやっぱり、ランパードの私生活についての記事。ゴージャスな生活をしている選手たちのマスト・アイテムという高価なグッズの広告もちりばめられているそうで、お値段は1冊6ポンド(1200円)。
 ただこれ、一般販売はされないみたいで、クラブやジェイミーの作ったフットボール選手のデータベースに載っている選手だけに直接郵送されるそうです。インタビューに応じてくれた人には無料で送られます。
 ちなみにジェイミーの奥さんで元シンガーのルイーズも参加しているのですが、ルーニーの彼女のコリーンちゃんと同じハンドバッグを持っていて、「フットボール選手の妻って、これだから!」とびっくりしたとか。

(The Guardian: Former star's glossy look at footballers' lives )


■ジョージ・ベストへの黙祷で

 週末の試合では各地でジョージ・ベストへの1分間の黙祷が捧げられたわけですが、マンシティ対リバポをやってたCity Of Manchesterスタジアムでは心無いファンが黙祷せずに騒いだため、15秒に短縮されてしまったとか。
 ベスト氏の友達だった元シティの選手、Mike Summerbeeが怒ってます。「いつもリバポファンを尊敬してきたのに。LFCにとってもたいへんな面汚しだと思う。そりゃ、リバポと漫遊の間にはいつも摩擦があったが、こんなことをするほど心の狭い人がいるとは思わなかった」だそうです。
 うーん、ハマーズサポの対応とは対照的ですな。
(Mirror: ANFIELD FANS HAVE 'SHAMED' CLUB


■ピーター・クラウチ、ゴール禁止令…?

 ほんとに出てるんじゃないかと思えるくらいです(笑) 入れちゃったら逆に、みんなほっとして集客力が落ちるのかも…
 あすとんびらおさんは、倉内がゴール入れたらシャトー・オーブリオン96年かDRCロマネ・サンヴィヴァン94年あたりを開ける予定だそうですし、私も12月にまたブダペストに行くんでその時トカイを買ってきて開けるつもりでおります。
 今記録何時間なんでしたっけ? mimuroさんによると、へスキーは805分連続ノーゴールだそうですので、この際競争してみます?
[PR]
by hinakiuk | 2005-11-28 06:44 | プレミアニュース