旧・すべてが蒼に染まるまで  ―― 初心者チェル好きー成長記
hinakiuk.exblog.jp

ランパードを愛するチェルシーサポーター(在ロンドン)がチェルシーFCを力いっぱいえこひいき。プレミアリーグも含め、ミーハーな話題満載でお届けします。

東ロンドンから西ロンドンのチェルシーを応援するすちゃらか会社員(♀)。特にひいきしてるのはランパード、ジョン・テリー、ジョー・コール、ダフ、ジェラード、なぜかロビー・キーン。ヒナキと呼んでね。
by hinakiuk
【README】
 このブログをお読みになる前に、必ず一度はREADMEに目を通してくださいませ。
 トラックバックスパム対応のため、当方へのリンクのないトラックバックは受け付けない設定にしております。

【プロフィール】

ロンドン在住、♀
職業物書き
趣味は歌うこと、読むこと、カラオケ、蹴球ミーハー話
書くのが仕事なので、間違った文章や送り仮名、「ぁぃぅぇぉ」などの変なギャル文字、やたら「☆」をちりばめるのとかそういうのは苦手です。

詳しくはこちら


【よく使う用語集】

こちらをどうぞ。長いよ。


【チェルシー 2月のお仕事】

1(水) Aston Villa Away 19:45 ★現地観戦
5(日) Liverpool Home 16:00 SkySports1 ★現地観戦
8(水) Everton (FA cup) 19:45
11(土) Middlesbrough Away 15:00
18(日) Colchester United (FA cup) Home 16:00 SkySports1
22(水) Barcelona(CL) Home 19:45 SkySports1
25(土) Portsmouth Home 15:00



【チェルシーサポさまブログ】

Ataasha in London
blogreso
Chelsea Japan編集後記
CHELSEA F.C. Unofficial Fan Site (ブログはこちら
doroguba
海外サッカー感想球
がそりんの揺れかた
夢見つつ深く植えよ
Come on the Chels!
青赤黒は眠らない


【リバプールサポさまブログ】

かめの洞窟日記
Singing voice of moonlight night
DADAいずむ
B.J Diary ならぬ B.P Diary
ぶりぶり方丈記
リバプログ

【そのほかブログ】

アストンヴィラおのプレミア観戦記と雑学の杜(ヴィラサポ様)
ATHELETIC POINT(アシエル君を預からせていただいてる、アスレティック・ビルバオのサポ様)
不屈の青(バーミンガムサポ様)
JACQUNITEDIARY(マンUサポ様)
usscspcl
ポルトガルサッカーのすすめ
Red'n'White Army(Sunderlandサポ様)
ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾと私 (ACミラン、新城、シュツットガルトサポ様)


【資料系リンク】

Chelsea Japan
ニュースを提供させていただいています。
Chelsea.com
いわずと知れた公式サイト。
Premier League
FA
uefa.com
資料価値高し。何より日本語で読めるし。
Simple Soccer
BBC sport football
元ネタは大体ここから。
my football news
Chelsea FC blog
英国のファンブログ。いろんな噂が載ってるのが楽しい。
まとめ検索
人気blogランキング


検索
最新のトラックバック
イケメン選手ランキング
from ☆MAYUMI_BLOG☆
フランク・ランパード
from アイドル芸能Shop
[ふっとぼーる]チェルシ..
from 栄光の赤の時代を再び
チェルシー完敗・・・、そ..
from 格闘技&ゲーム&サッカー(ヴ..
[football]余裕..
from B.J Diary ならぬ ..
[スポーツ話] Wiga..
from ぶりぶり方丈記 - あん肝だ..
vエバートン(FA)
from I think I can
ラインズマン大活躍
from 編集後記
[スポーツ話] ついにS..
from ぶりぶり方丈記 - ダイエッ..
[football]Ch..
from B.J Diary ならぬ ..
以前の記事
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2004年 07月
2004年 06月
2001年 01月
カテゴリ
全体
プレイリポート
チェルシーニュース
モウリーニョ語録
プレミアニュース
リバプール
プレミアプレイレポ
代表戦
その他プレイリポート
その他ニュース
雑談
EURO2004
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
ぽっとの陽だまり研究室
NO MUSIC,NO ...
FOOTY! in イン...
R's memorandum
「 夢見つつ 深く植え...
青赤黒は眠らない
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 12月 ( 69 )   > この月の画像一覧
Chelsea - Birmingham City
 大晦日でせわしないというのにもう次の試合です。
 今日も生中継はございません…(涙)

 らんらんは元気に復帰。カルバーリョ、ジョンソンと、今日は復帰組が多いですね。マケレレ兄さんとどろんぱさんはベンチスタート。ショーンもベンチに入ってます。ダフは今日はお休みだそうです。

Chelsea
P Cech, R Paulo Ferreira, A Ricardo Carvalho, J Terry, W Gallas, M Essien, J Cole, E Gudjohnsen, F Lampard, A Robben, H Crespo
Subs: G Johnson, C Makelele, D Drogba, C Cudicini, S Wright-Phillips

 バーミンガムは、ヤロシクは契約でチェルシー戦に出られず。おなじみフォッセル、メルキオット、イゼットは怪我で欠場だそうです。

More
[PR]
by hinakiuk | 2005-12-31 13:21 | プレイリポート
ランパード? ジェラード?…どっちかなんて選べない!
 Daily Mirrorの「どっちの中盤ショー」企画。イングランド元代表のお歴々に、「あなたが監督だったら、ランパードとジェラードのどっちを選ぶ?」と質問してみました。
 なんかリバポ出身者が多い気がするのですが、ずるーいというか、仕方ないというか(笑) この際、ランパード家とリバポ双方の遺伝子を持つジェイミー・レドナップにも聞いて欲しかったよ。

 ブライアン・ロブソン
 どっちも。2人は良すぎて切り離せない。
 2人とも、欠点が見つからない良い選手だ。監督なら誰でも「こんな選手が欲しい!」と思うだろう。少なくとも、イングランド代表には2人とも欠くことができないということだけは言えるだろう。
 ジェラードは、ディフェンスの前に立ちふさがる攻撃面で私の現役時代に近い。ランパードは言うまでもなく、ゴールを入れることが好きだ。
 フィル・トンプソン
 以前テレビで「ランパードのせいでジェラードの影が薄くなっている」と言ったことがあるんだけんども、ありはほんとにスティーブンに失礼だったっぺ。フランクはスティーブンよりたくさんゴールを入れるかもしれねえけども、スティーブンはフランクよりたくさんのポジションをこなせるっぺ。後ろでも中盤でもいけるっぺ。それにチームメイトを元気付けることもできるしな。
 ケニー・ダルグリッシュ
 そりゃスティービーだっぺ。だけんども、俺に聞くのは間違いだっぺ。なんでかって俺りゃスカウサー(リバプール出身)だからよう!
 いや、まじめに言うと、どっちもエクセレントな選手だな。だがスティービーはほんもののリーダーだっぺ。いや、ほんとにどっちか1人っちゅうのは難しいけんども、スティービーはリバポ史上でも最高の選手になると思ってるっぺ。フランクは、スティービーと違ってCLの優勝カップは獲ってないが、リバポと同じくらいチェルシーにとって大切な選手だっぺ。
 デービッド・プラット
 どうしても選ばないといけないなら、ジェラードだな。彼はダイナミックでユニークな選手だ。ほかの選手のできないことができる点で、私は「freak」(フリーク。ちょっと変わった、という意味)と呼んでいる。しかし、フランクは得点数で言うならジェラードの2倍は取れるだろう。ジェラードよりより微妙なプレーができるというか、優れたパスも出せる選手だ。
 レイ・ウィルキンス
 いやー2人とも欲しいね。俺がアブラモビッチだったら、絶対2人とも獲るね!
 比較しても同格の2人だと思う。監督として、2人がチームにいたらすごく嬉しいと思うよ。ゴールの入れられるMFだし、2人とも2桁入れてるだろ。選ぼうとしても、どちらにも一日の長がある。スベンは本当にラッキーな男だ。

c0033779_414586.jpg・らんらん…
 BBCのトップに載ってました。ちょっとひどい…(笑)
[PR]
by hinakiuk | 2005-12-30 18:30 | 代表戦
今日はロンドンも雪…
■1000キロも離れたアウェーの試合を見に来たのに、開始直前30分前になってピッチ凍結で延期かよ、どうしてくれるんだ、…………スベン!(??)

 という見出しが出てたんで、「ハァ? なんでスベンが出てくるの?」と思ったんですが、つまりはこういうことらしい。
 プレミアリーグ広報のダン・ジョンソン氏の話
「試合を短い期間に詰め込まないといけなかったもので、クリスマス時期はキッツキツのスケジュールになってしまいまして。
 なぜなら、FAと協議して、プレミアのシーズン終了とイングランド代表のW杯出場との間に、4週間の休暇期間をあけないといけなくなったからですよ…」
 そう、W杯出場までにイングランド代表に4週間の休暇をあげる、と約束したのはスベンだったのです。(だからプレミアリーグは、恨むんならスベンを恨んでくれと責任転嫁してるわけですね)

 新城対チャールトン戦をセント・ジェームズ・パークまで遠路はるばる見に行ったサポは1000人(!!)くらいいたそうなんですが、そのうちの1人の話。
 セント・ジェームズ・パークに行くのに16時間もかかったんだぜ。帰りも、水曜日の午前11時に出発して、帰って来たのは木曜の午後5時だった。これで、有給2日もパーだよ。カネだって、ホテル代や電車代で、しめて330ポンド(6万8千円)もかかった!
 まったく、こんな雪の降るような時期、平日に試合を設定するなっての。こういうことになることぐらい予想がつくだろうがよ!
 新城のシェパード会長(あの鬼瓦みたいな人)は、「選手のことはいいから、FAはファンのことを考えるべきだ。大体なんで、大晦日にロンドンまで行かなきゃならないのだ。近いとこでサンダーランドかミドルズブラでもいいじゃないか。まったく馬鹿げとる」とお怒りになっているそうです。それ、ファンが大変というのもあるけど、自分らも大変だから怒ってんでしょ?

(The Sun: Blame Sven for snow-offs )


ランゲージ・エクスチェンジ?

 冬のマーケットで、リバポのホセミと、ビジャレアルのクロンカンプを交換するらしいですが、どうも言葉の問題が大きかったらしいです。ホセミ自身の英語は上達しつつあったんだけど、家族がうまく慣れなかった。一方、クロンカンプはビジャレアルのチームメイトに英語を話せる人がいなくて困っていたみたいです(ってことは、クロンカンプは英語話せるんですね)。
 ほんと、言葉の分からない外国住まいって大変ですよ…よーく分かります。

 でもクロンカンプさん、行き先の人々が話す英語は、普通の英語とちょっとばかり、いや相当違いますのでご注意(笑)
[PR]
by hinakiuk | 2005-12-30 12:00 | プレミアニュース
2005年そうざらえ! モウリーニョ傑作発言集
 ほかにもいろいろ言ってますし、私が知らない発言も多いでしょうが、このブログで取り扱ったものに限って選んでみました。

c0033779_573843.jpg


More
[PR]
by hinakiuk | 2005-12-29 23:04 | モウリーニョ語録
なんか最近審判が信用ならない
ボウヤー、3試合出場停止に

 26日のリバポ戦でアロンソたんを削ってレッド一発退場になった件で、FAに異議を申し立てていたのですが、却下されたそうです。これで、スパーズ戦、ボロ戦、FAカップのマンスフィールド戦に出られなくなりました。
 なんかやっぱりあら捜しされてる気がするんですよねえ…意外と良いプレーをしてるので、気の毒でなりません。昔はイングランド代表という話もあったんですよね。私としては、あのダイアーと殴りあった人があそこまで我慢してたことを評価してあげたいんだけど、きっとFAは減点法なんでしょうね。


カヌー、ボールボーイを抱っこの訳

 昨日スパーズにホームで2-0で勝利したウエストブロム。2点ともカヌー(ナイジェリア代表)が入れたんですが、見た人は気づいたとおりセレブレーションで子供を抱っこして喜んでたんですね。あれWBAのボールボーイだったそうですが、お子さんを抱っこするかわりだったみたい。
 ボクシング・デーの漫遊遠征には参加せずにお休みをもらったんだ。この6年でクリスマスに家にいられたのは初めてだったんだよ。だから、妻と息子と家族水入らずでクリスマスを過ごせて、一日中息子と遊んでやれたんだ。
 スパーズ戦に出発する時、妻が「この子のためにゴールを入れてやって」と言ったから、俺は「ようし、問題ないよ」って言ったんだ。で、ゴールを入れることが出来たから、「これは俺たちの息子のために入れたんだよ」と妻に知らせるために、ボールボーイを抱っこしたのさ。
 ええお父さんや…。
 で、抱っこされた子供さんのお父さんがスカイスポーツに出てましたが、「『うちの子だ!』ってびっくりするやら、喜ぶやらだったよ」と嬉しそうでした。ボールボーイということはユースチームにいるわけですから、いい選手になるといいですよね。


アラダイス、小野伸二に興味

 日本ではすでに騒がれてるみたいですが、BBCにも載ってたので一応挙げときます。
 ビッグ・サムは「ローンで借りれたらいいんだけど、お金要るだろな~」と公式サイトで言ってるようです。
[PR]
by hinakiuk | 2005-12-29 20:06 | プレミアニュース
エシアン、ジェット機では通勤しませんが
エシアン、2試合だけ出場?

 「7試合もネーションズ・カップに取られるのは困る!」ということで、モウさんなんとクリスマス前にガーナ代表監督や教育・スポーツ副大臣と話して、グループリーグでは最初の2試合だけ出場させることで決着がつくみたいです。つまり、ナイジェリア戦とセネガル戦だけで、ジンバブエ戦には出ません。
 これで、エシアンの欠場はFAカップのHuddersfield戦、プレミアのサンダーランド、チャールトン戦の3試合だけになりそうです。
 ただし、もちろん勝ち進んでノックアウトラウンドまで進んだ場合はどうなるか決まってなくて、2試合やった後に決めるとのことです。

 このニュースを追って来て思うのは、「エシアンはあれとして、どろんぱさんは抜けてもええんかい?」ということ。まあジェレミはもともとそんなに出てないですけどねえ。クレスポいるしまあなんとか大丈夫、ということなんでしょうか? 三男のストライカー復活もあり得るロッベン?


Money can't buy this, says Jose

 かっこいい見出しだなあ、Daily Mail。おなじみBeatlesの"Can't buy me love"に"Tell me that you want the kind of thing that money just can't buy "(カネで買えないもので、君の欲しいものを教えてくれ)って歌詞がありますな。答えは「チェルシー!」かな(笑)

 これ、下でも訳しましたけど「カネの力じゃない」ってやつね。ほかの新聞で見たところ、「イタリアにもスペインにもドイツにもすごいチームはあるが、こんな年末にこんな過密スケジュールで必死に働いてるスーパースターのチームなんてうちらだけだ」と言ってるんですね。


■モウリーニョ「ジョー・コールはアンタッチャブル」
 どの面をとってもファンタスティックだった。フィジカルも強いし(※当たり負けしないんだよねー)、プレッシャーをかけられても強い。1対1でもすばらしいし、常に点を取りに行く姿勢もある。信じられないほどすばらしい選手だ。
 上の記事に出てました。ここまで言ってくれるとは…ほかの新聞に「1年前は移籍の噂まで出ていたのに」と書かれていて、感慨にふけったり、感涙にむせんだりしたおばさんでございました。


Cole eyes City defining moment
 「今シーズンが終わったら、俺たちはきっと、今日の試合を振り返って『一番重要な試合だったな』と思い出すだろうね。前季のブラックバーン戦(A)みたいに(※まったくだ!)
 マンシティはたぶん、これまで闘った中でも最高のチームだったと思う。よくオーガナイズされていた」

 遠くない昔、コールはチェルシー・マシンにとって単なる取るに足らない歯車のひとつにすぎなかった時期があった。「チームプレイができない」とモウリーニョに酷評されたコールは、チェルシーを離れるのではないかとみられていた。
 しかし、いまやそんなことはコールにとって不幸せな記憶でしかない。今ではモウリーニョに「アンタッチャブル」と言わせるほどの活躍をしている。おかげで、2100万ポンドで移籍したショーン・ライト=フィリップスが古巣との試合で、ベンチにすら入れない事態になっている。

 99年、17歳でハマーズの選手としてデビューしたコールはこう話す。

 「今までで最高のプレイだったな。俺はチャンピオンのために闘ってるんだ。このクラブを愛してるし、このクラブのために闘うのが楽しい。最高の時間をすごしてると思うよ。
 でも、有頂天にならないようにしてるんだ。これまでいろんな賞賛を受けてきたけど、同時に批判だってあったわけだからね」
 17の時からだから、7年もスターとしていろんな経験をしてきてるんですね。だからこその、酸いも甘いもかみ分けた発言だと思います。ちっこいけど、経験値は高いんだよね。


■雑談ですが

 わたくし「現実的な」悪夢をよく見るのですが、今朝の悪夢は、

チェルシー対バルセロナのチケットを取るため電話をかけまくったが、5分で売り切れた

 というものでした…orz
 ね、現実的でしょ。
[PR]
by hinakiuk | 2005-12-29 17:55 | チェルシーニュース
らんらん…早く治ってね
c0033779_0214833.jpg われらのらんらんですが、昨日ついに164試合連続出場で記録が途切れました。
 その試合に、(いつものとおり、だとは思いますが)らんパパとらんママまで見にいらしてました…(涙)
 キックオフ直前に出ないことが決まったらしいので、「おや? ウォームアップにはいたのに、どうしたんだフランクは?」と思われたでしょうね…ああっ。
 ちなみに、らんママは初めて見ましたが、金髪を肩まで垂らしてベレー帽?のようなものをかぶった美しい方でした。まるで、姫川亜弓さんが大人になったような感じでした。
 本人、スタンドで見てたそうです。写真で発見。帽子もかぶって着膨れてます(けどかっこいい)。

 ちなみにチェルシー、今のところ19試合で5ポイントしか落としてないそうです。
 プレミアはようやく折り返し地点。
[PR]
by hinakiuk | 2005-12-29 10:06 | チェルシーニュース
モウリーニョ「これはカネの力ではない」
 フランクは日中気分がすぐれず、医者がついていた。本人は試合に出たがっていて、ウォームアップにも参加したが、出るのはまったく無理な状態だった。
 ああ、ウォームアップに出てたのは、それでもどうにか出たいという彼の強い意志だったんですね…(涙)
 フランク抜きで闘うというのは、私たちにとって精神的な試練となった。これまでずっと彼と一緒に闘ってきて、最後の最後キックオフ10分前に、突然彼が出ないことが決まったのだから。
 しかし、チームはすばらしいプレイをすることで答えを出した。個人名を挙げれば、グジョンセンはとてもうまくランパード役を果たした。ジェレミは、出場回数こそ多くないが、出た時は信じられないほどすばらしい働きをする。
 こういった試合では、選手にとってパニックを起こさず、試合をコントロールし続け、守備のミスをおかさないことが重要だ。ゴールを入れられなければ、1ポイントだけでも良いのだ。だが、今日私たちは勝つに値するプレイをした。守備は良かったし、ランパード抜きの中盤もすばらしく、常にゴールのにおいがしていたのだから。
 チャンスは多くなかったが、常に相手を脅かしていた。だから、試合終了まで10分というところでゴールを入れることが出来たのだ。

 私たちはとても強く、前季の獲得ポイントを上回っている。世界中で、今晩の私たちのようにすばらしい闘いをしているチームはそういない。スター選手がこれほど闘っているチームはない。これはカネの力ではなく、グループの力だ。仲間が団結して闘っている力なのだ。

[PR]
by hinakiuk | 2005-12-29 01:01 | モウリーニョ語録
今日のプレミア --寒いんです
■マージーサイドダービー  Everton 1-3 Liverpool

 相変わらず安定してるリバポ。前半おしまいのほうで、サイモン・デービスのオーバーヘッドからビーティが押し込んだところでは、「もしかして引き分けくらいは望める?」と思ったけど(久々、モイーズ組長の笑顔を見ましたな)、後半開始早々に守備のポカ(だと思う)でシセに余裕のシュートを許してしまいました。
 モイーズ組長、激怒してそうだ…
 さらに、桃にタックルしたネビル弟がイエロー2枚で、選手生活初の退場に。ああ、エバトン唯一のいい男がいなくなってしまい、急速に興味を失った私だったのでした。その後ミケル・アルテタまでいなくなり、9人に…。
 リバポ勝ってもいいんですが、相手にはもう少し歯ごたえのある試合を見せて欲しいなあ。試合終了のホイッスルと同時に、ブーイングが響いてました。
 とはいえ、リバポのクリーンシートを破ったことは評価されていいかもね。


 ジェラードの地を這うようなすんごいミドルはすんごかったですね。彼らしいシュートでした。らんらんも顔負けというか、きっとベッドで「スティーブンには負けられないな!」とか思ってることでしょう。当然、MotMもジェラード。キャラからシャンパンを受け取ってました。
 あのシュート、キーパーが一歩も動けませんでしたが、どうもヨボが邪魔してよく見えなかったらしいです。


■ Birmingham 2-2 Man Utd
・よくやってくれたスティーブ・ブルース!! でもあまり喜んでないなあ。
・シュート数、ポゼッション、コーナー数などすべて互角。
・アラン・スミス、ひげ?
・リチャードソンのコケながらの鋭いクロス、すごい。
・ヤロシクのFKもすごーい。
・「ヘスキーが踏んだんです、ほらここの袖のとこ、靴あとついてるでしょ」とファンさま。
・ファーギー、土曜日が誕生日だそうです
・Solskjaerの登場に「Who are you!?」チャント。私も知りません(笑) スールシャールって読むのね。てことはリセ坊と同僚なのね。
・故郷に帰るのではないかといわれてるパンディアーニ、置き土産? 「パンディアーニ、パンディアーニ、オーレオーレオーレ~♪」のチャント、初めて聞きましたがチェルシーの「チャンピオン」のチャントと一緒。
・漫遊は、ルーニーが入れると必ず勝つというジンクスがあったらしいけど、ここで終了。

■ Fulham 3-3 Aston Villa
・ありゃー。フラム、勝てると思ったんだが。
・BBCの実況が「クオリティはともかく、すごい試合です!」だって。あはは。
・特にフラムの守備はすっとこどっこいでした。
・今日もマクブライド・デー。この間の傷が治ってないのか、今日も血まみれでした。

■ West Ham 0-2 Wigan
 コカコーラからの昇格組はウィガンに軍配。

■ Arsenal 4-0 Portsmouth
 弱いものいじめ。
 あ、ビエラ見に来てたんだ。きっとあとで彼を囲んで「きゃぷて~~ん!! おいおいおい…(涙)」「何言ってるんだ、お前たちのキャプテンはもうティエリだろ」「うわーんキャプテーン、帰ってきてくれよ~!」「お前までそんなことじゃいかんだろ、ティエリ!」なんて会話があるんだろな…
 ついでに「イタリアか? うーん、メシうまいぞ!」「やっぱりそうですかあ…メシうまいのいいな…」「お前も来るか、ティエリ?」「いや、僕はスペイン料理も好きだなあ…」「こら、何を話しとる!(by ベンゲル)」みたいな。
 ベンゲルはん、めっちゃうれしそうな笑顔。ぽんぴーですけど、相手。

■ Newcastle P-P Charlton
 雪のため延期。
 雪かきするピッチで、シアラー叔父が雪玉投げしてました。


■アラン・ハンセンのアホー

 今日のMatch of the Dayにて(聞き取りが正しければ…)

リネカー「ジェラードには今のポジションが一番いいんですかね」
ハンセン「そう思うね」
リネカー「イングランド代表では、フランク・ランパードのポジションなんですが」
ハンセン「テクニカルではジェラードの方が上だよ」
リネカー「(しばし、絶句。そのあと)フランク・ランパードは世界で第2位の選手なんですけど…」
ハンセン「フランクもすばらしいけど、ジェラードの方が上だよ」

 ひどい。病人に対してその仕打ち。もうアラン・ハンセンのコラムは引用しない
 リネカーはちゃんと「フランクはversatile(用途の広い)な選手ですよね」と褒めてくれました。

 ついでにローレンセンはジョー褒めまくりでした。「右でも左でも、シュートも撃てるしチャンスも作れる」って。むひょひょ。

※たぶんみなさんご存知とは思いますが、Match of the Dayについて。 
 プレミアの試合を中心に、試合があった日の夜10時半くらいから1時間、ハイライトを流してくれるBBC1の番組。スカイなど衛星放送に入っていない人には命綱的存在。
 1試合に割く時間は大体15分くらい。
 司会は「ミスター・クリーン」ことギャリー・リネカー、スタジオ解説は大抵2人ですが、今季は大体、アラン・ハンセンとマーク・ローレンセンの2人が出ていることが多い。何か解説者がリバポOBであることが多い気がする。前季で現役を引退すると発表していたアラン・シアラーはBBCの解説者になることが決まっていたらしく、今季も何度か出演。たまたま前回は、自分がゴールを入れた日の放送で、話題騒然となった。
 世界で最も権威あるフットボール番組といわれ、昔テレビ東京が「三菱ダイヤモンド・サッカー」として翻案しオンエアしてたとか。

[PR]
by hinakiuk | 2005-12-28 21:51 | プレミアプレイレポ
Man City 0-1 Chelsea
 中一日なんてつらすぎる!んですが、チェルシーだけじゃないしこれはプレミアの宿命…ほかのスペインとかイタリアはお休みなんですよね? プレミアも休ませてやれー。
 大体、相手はあのジェームズのいるマンシティ…前季唯一負けたマンシティ…気が抜けません。

 チェルシーのけが人情報です。
・エシアンはかかとの怪我でお休み
・リッキーはアキレス腱
・ダフもアキレス腱
・「どうもモウさんのお眼鏡にかなう活躍をしていない」という報道のあるアシエル君は復帰の予定。

 シティはウィガンに4-3でどっかんどっかんやられて負けてるんで、ホームで起死回生を狙ってるはず。じゃあこっちもがっこんがっこん入れてあげましょう。得失点差31はだてじゃないのだよ。むほほほ。
 ここんとこMotMの続いてるジョーにも期待です。
 そういえばショーンも古巣にお土産として活躍して欲しい。

 また生放送ない…(涙)んで、生放送のあるマージーサイドダービーを見ながら(なんでまたこうなの!)テキストで応援したいと思います。最近リバポ強いんで、私の応援など要らないでしょうし、今日はちょっとモイーズ組長寄りで見てみたいと思います(リバポサポ、怒らないでね)

 今晩のプレミアの試合ですが、ボルトン対ボロと、黒板対サンダーランドが、ピッチが凍っているため延期になってしまいました。黒板の本拠地のEwood Park、ピッチが白かったです。確かにちと今日は寒いです。東ロンドンは昨晩雪がちらついてましたし…。
 ロンドンは北海道よりずーっと北にあるので寒いだろうと思われてますが、雪はほとんど降らないしそれほど寒くもないんですけどね。

Chelsea
P Cech, N Geremi, W Gallas, J Terry, A Del Horno, C Makelele, E Gudjohnsen, M Essien, J Cole, D Drogba, D Duff
Subs: H Crespo, A Robben, C Cudicini, R Huth, R Paulo Ferreira

なんとらんらん

流感?で

欠場


 うわーーーーーーーーーーん
 嫁は何やっとんじゃー!!
 ウォームアップではテリー君と一緒に走ってたんですが、キックオフの数分前に「欠場」の判断が下されたそうです。ああ…

Chelsea are without Frank Lampard, whose record run of 164 consecutive Premiership is ended by a virus. It is the first League game he has missed since September 2001 and he is replaced by Eidur Gudjohnsen.

 立ち直れん…

 祝・ダフ復帰!!!!
なのは嬉しいけど…

more
[PR]
by hinakiuk | 2005-12-28 19:35 | プレイリポート